So-net無料ブログ作成

スマート農機 農園手助け ウメ、ミカンで実験

 Uploaded by 朝日新聞社 スマート農機 農園手助け ウメ、ミカンで実験 (2019/07/31)

スマート農機 農園手助け ウメ、ミカンで実験

和歌山県みなべ町の県うめ研究所で、リモコン操縦の自走式草刈り機やパワーアシストスーツなど「スマート農機」の操作実演があった。近くのウメやミカンの農園で実証実験を続け、農作業の負担軽減策を探る。
 いずれも傾斜面での手作業中心で省力化が遅れ、農家の高齢化も進む。「日本一の産地を維持していくにはICT(情報通信技術)を採り入れた『スマート農業』がキーポイントになる」と研究所の野畑昭弘所長。ウメ専作とミカンとの複合経営での実証が今春、農林水産省のプロジェクトに採択された。
 7月9日に実演された草刈り機や運搬機はガソリンエンジンと電動モーターの2種。運搬機とともに傾斜面にも対応できるタイプで、研究所の実演圃(ほ)場で実際に草を刈ってみせた。和歌山大の八木栄一名誉教授が開発した「パワーアシストスーツ」は、ウメやミカンの収穫を想定し、持ち上げや持ち下ろし、中腰での動作を助ける。補助力は10~15キロで、20キロの荷物を5~10キロの力で持ち上げられる。
 今後、これらの農機をみなべ町と上富田町の農家で実際に使い、ドローンでの農薬散布や水やりの自動化も実験する。ウメで15%、ミカンは23%の作業時間の削減を目指す。研究代表を務める大江孝明主任研究員は「既に市販されている機械なので、ウメやミカンに特化できるよう農家の要望をフィードバックしていきたい」と話した。





nice!(0) 

太平洋で小学生がサーフィン授業 高知県黒潮町

 Uploaded by 朝日新聞社 太平洋で小学生がサーフィン授業 高知県黒潮町 (2019/07/31)

太平洋で小学生がサーフィン授業 高知県黒潮町

ふるさとの海の素晴らしさを知ってもらおうと、高知県黒潮町教育委員会が7月25日、小学生がサーフィンを体験する授業を開いた。太平洋に面した町内には、サーフィンの名所・入野海岸があり、土日には全国からサーファーが訪れる。サーフィン授業は昨年から始まった。今年は田ノ口小学校と三浦小学校で地元のサーファーが講師になり波乗りを伝授した。





nice!(0) 

中央道で「赤いフェラーリ」炎上 相模原

 Uploaded by 朝日新聞社 中央道で「赤いフェラーリ」炎上 相模原 (2019/07/31)

中央道で「赤いフェラーリ」炎上 相模原

31日午後3時ごろ、神奈川県相模原市緑区小渕の中央道上り線上野原インターチェンジ付近で「赤いフェラーリが燃えている」と中日本高速八王子道路管制センターから消防に連絡があった。





nice!(1) 

福島駅近くでイノシシ出没 逃走4時間、工場に入り込む

 Uploaded by 朝日新聞社 福島駅近くでイノシシ出没 逃走4時間、工場に入り込む (2019/07/30)

福島駅近くでイノシシ出没
逃走4時間、工場に入り込む

7月31日午前5時10分ごろ、福島市大町にイノシシがいると通行人から110番通報があった。イノシシは福島駅東口方面から跨線橋を通って約1・3キロ離れた同市三河北町の工場内に逃げ込み、午前9時半ごろ、獣医師が麻酔銃を撃って捕獲。その後駆除された。





nice!(1) 

最低賃金巡る議論終了 全国平均初の時給900円台に

 Uploaded by ANNnewsCH 最低賃金巡る議論終了 全国平均初の時給900円台に(19/07/31)

最低賃金巡る議論終了 全国平均初の時給900円台に

今年度の最低賃金の引き上げを巡る議論が31日午前に終わりました。現在の方式になってから最大となる27円の引き上げで、全国平均の時給は初めて900円を超えて901円となりました。 労働者に支払われる最低限の時給は現在、全国平均で874円です。午前に終わった厚生労働省の審議会は今年度の最低賃金の引き上げ幅の目安を3%の27円とするとまとめました。現在の方式になってから最大の引き上げ幅で、その結果、全国平均が初めて900円を超えて901円となりました。今後、この目安をもとに都道府県ごとに最低賃金が決められ、東京と神奈川では初めて1000円を超える見通しです。最低賃金を巡っては、政府が早期に全国平均で1000円を目指す方針を打ち出しています。




nice!(0) 

モバイルバッテリー発火事故に注意喚起 5年で162件

 Uploaded by ANNnewsCH モバイルバッテリー発火事故に注意喚起 5年で162件(19/07/31)

モバイルバッテリー発火事故に注意喚起 5年で162件

夏休みの帰省や旅行などでモバイルバッテリーを持ち運ぶ機会が増えるこの時期、使い方を誤ると発火の危険があるとして消費者庁が注意を呼び掛けています。 消費者庁によりますと、スマートフォンなどの充電に使うモバイルバッテリーに関する事故の報告はこの5年間で162件、寄せられています。なかには新幹線の車内でモバイルバッテリーが突然、破裂して全治2週間のやけどを負ったケースもあります。消費者庁では「膨らんでいる」「熱くなっている」「変なにおいがする」など、異常を感じたら使用を中止するよう注意を呼び掛けています。




nice!(0) 

2週連続でミサイル発射 北朝鮮の狙いと米朝協議

 Uploaded by ANNnewsCH 2週連続でミサイル発射 北朝鮮の狙いと米朝協議(19/07/31)

2週連続でミサイル発射 北朝鮮の狙いと米朝協議

北朝鮮は31日朝早く、東部の元山(ウォンサン)付近から日本海に向けて短距離弾道ミサイル2発を発射しました。2週連続のミサイル発射の狙いは何なのでしょうか。ソウルから報告です。 (高橋政光記者報告) トランプ大統領が短距離弾道ミサイルの発射を問題視しない考えを示したため、北朝鮮はここぞとばかりに新型ミサイルの実戦配備に向けて発射を繰り返し、開発を進めています。韓国軍によりますと、北朝鮮は午前5時すぎに短距離弾道ミサイル2発を相次いで発射しました。高度は約30キロ、飛距離は約250キロと推定され、25日に発射したミサイルと同型の可能性があります。アメリカと韓国は来月5日から合同軍事演習を予定していて、今回のミサイル発射はこれに反発したものとみられます。また、ロイター通信によりますと、北朝鮮はアメリカとの非核化を巡る実務者協議の早期開催に前向きな姿勢を示したということです。協議を前にアメリカを牽制(けんせい)し、交渉を有利に進める狙いもありそうです。韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相は「我々を威嚇し、挑発するなら北朝鮮は敵だ」と述べ、相次ぐミサイル発射を強く非難しています。




nice!(0) 

1本30万円の超高級緑茶 「技術の継承支えたい」

 Uploaded by ANNnewsCH 1本30万円の超高級緑茶 「技術の継承支えたい」(19/07/31)

1本30万円の超高級緑茶 「技術の継承支えたい」

ボトル1本で30万円する超高級の緑茶が来月1日に発売されます。 この緑茶は機械では摘むことのできない若い茶葉を手で摘み、水出しで3日ほどかけて抽出しました。750ミリリットルのボトル1本で30万円。15本限定で来月1日に発売されます。ペットボトル入りのお茶の普及で品質の高いお茶が衰退していて、販売元では「味の違いを知ってもらうことで高級茶の市場を活性化し、技術の継承を支えたい」としています。




nice!(0)