So-net無料ブログ作成

熊野に続く石畳 世界遺産15周年 三重県紀北町・尾鷲市 馬越峠

 Uploaded by SankeiNews 熊野に続く石畳 世界遺産15周年 三重県紀北町・尾鷲市 馬越峠 (2019/06/08)

熊野に続く石畳 世界遺産15周年
三重県紀北町・尾鷲市 馬越峠

熊野古道は来月、世界文化遺産に登録されて15周年を迎える。複数ある主要路のうち、伊勢路は伊勢神宮と熊野三山を結ぶ経路で、馬越峠(三重県紀北町、尾鷲市)は、ヒノキが林立しシダが鬱蒼と生えるなか、敷き詰められた石畳が続く。
 6年前の春、皇太子時代の天皇陛下も散策された。案内した尾鷲市の熊野古道語り部友の会、川口有三さんによると、陛下は石畳に感心された様子で、森林体系などについて質問されたという。
 川口さんは「同じ目線で接してくださる温かいお人柄に緊張が解けました」と振り返る。通常約3時間かかるルートを陛下は1時間半で歩かれた。川口さんがその健脚の秘訣を聞くと、「毎日ジョギングしています」と答えられたという。
 「陛下に『私のカメラで写真を撮りましょう』とおっしゃっていただきました。その写真は今も大切な宝物です」と川口さん。
 東紀州地域振興公社によると、伊勢路を訪れた観光客は平成26年は約42万人を超えたが、昨年は33万人だった。観光客数はここ数年、横ばい状態だ。
 世界遺産15周年を前に、地元では祝賀ムードが広がる。川口さんは「景観の保護も大切だが、過疎が進む地域なので多くの人が訪れる場所であってほしい」と話している。
(写真報道局 松本健吾)




nice!(0) 

忍者体験やeスポーツでインバウンド取り込め 関空直結の駅前に「エディオンなんば本店」

 Uploaded by SankeiNews 忍者体験やeスポーツでインバウンド取り込め 関空直結の駅前に「エディオンなんば本店」 (2019/06/04)

忍者体験やeスポーツでインバウンド取り込め
関空直結の駅前に「エディオンなんば本店」

家電量販大手「エディオン」は今月7日、同社の店舗で最大の施設面積となる「エディオンなんば本店」を大阪市中央区難波にオープンする。少子化の影響で閉校した市立精華小学校の跡地が、訪日外国人客(インバウンド)需要を取り込む大型家電量販店に生まれ変わる。開業を控えた5日、内覧会が行われ、同社の久保允誉(まさたか)会長兼社長は「来店客の3割をインバウンドと見込んでおり、キャッシュレス化などに対応してしっかり需要を取り込みたい」と話した。




nice!(0) 

美しきにっぽん「青空映す ふるさとの宝」

 Uploaded by SankeiNews 美しきにっぽん「青空映す ふるさとの宝」 (2019/06/04)

美しきにっぽん「青空映す ふるさとの宝」

三重県熊野市の丸山千枚田にキジやカエルの鳴き声が響く。青空を映す水田とあぜ道が、網の目のような模様を織りなす。昔ながらの美しい田植えの光景だ。だが、眺めていると、人影に比べ、一枚の田んぼがどれだけ小さいかに気づき、はっとさせられた。




nice!(0) 

海外要人の足元雅やかに G20前にホテルで6時間大改装

 Uploaded by 朝日新聞社  海外要人の足元雅やかに G20前にホテルで6時間大改装 (2019/06/06)

海外要人の足元雅やかに
G20前にホテルで6時間大改装

6月28、29日に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議にあわせ、「大阪の迎賓館」とも呼ばれるリーガロイヤルホテル(大阪市北区)がロビーを改装した。目玉は、日本の「雅」を表現した大絨毯。
 客の出入りがまばらになった7日未明、ロビーのカーペットの張り替えが始まった。2007年から使う「草原をイメージした」という薄緑色の絨毯を約30人がかりではがし、6時間ほどかけて橙色を基調とする紅葉模様の鮮やかな絨毯を敷きつめた。約500平方メートルの大きさで厚さは約2センチ。9色の葉の柄が重なり合うデザインは、能の衣装から発想を得たという。
 皇居宮殿やバチカン宮殿などの絨毯も手がけるオリエンタルカーペット(山形県)が、約5カ月かけてつくった。




nice!(1) 

夏の風物詩「河内風鈴」で風鈴作りが最盛期

 Uploaded by 朝日新聞社  夏の風物詩「河内風鈴」で風鈴作りが最盛期 (2019/06/06)

夏の風物詩「河内風鈴」で風鈴作りが最盛期

夏本番を前に、大阪府交野市の工房「河内風鈴」では、空き瓶を溶かして再利用した色とりどりの風鈴が涼しげな音色を響かせている。




nice!(1) 

新幹線「N700S」、360キロで試験走行 JR東海

 Uploaded by 朝日新聞社  新幹線「N700S」、360キロで試験走行 JR東海 (2019/06/06)

新幹線「N700S」、360キロで試験走行
JR東海

JR東海は6月6日深夜、来年7月上旬にデビューする新型車両「N700S」の試験走行を報道陣に初公開した。N700Sは、米原―京都間を同社の営業車両としては過去最速の時速360キロで走行し、車両性能の高さをアピールした。




nice!(0) 

1万株のアジサイをライトアップ 京都・宇治の三室戸寺

 Uploaded by 朝日新聞社  1万株のアジサイをライトアップ 京都・宇治の三室戸寺 (2019/06/06)

1万株のアジサイをライトアップ
京都・宇治の三室戸寺

「花の寺」として知られる京都府宇治市の三室戸寺で6日夜、アジサイのライトアップの試験点灯があった。境内の庭園には約1万株のアジサイがあるが、好天続きで花は小さく、さまざまな色が一面に広がるのはこれからだ。




nice!(0) 

【素顔のアスリート】大谷翔平、上野由岐子と語る(2015年12月25日掲載)

 Uploaded by 朝日新聞社  【素顔のアスリート】大谷翔平、上野由岐子と語る(2015年12月25日掲載) (2019/06/09)

【素顔のアスリート】大谷翔平、上野由岐子と語る
(2015年12月25日掲載)

東京五輪での競技復活を目指す野球とソフトボール。現在の“速球王”といえば、文句なく大谷翔平と上野由岐子だ。日本のエースへの道を着実に歩む大谷が、数々の修羅場をくぐってきた上野にピンチでの心構えなどを聞いた。




nice!(1)