So-net無料ブログ作成

異常把握したのに出荷し豚コレラ拡大 「考えられない」

 Uploaded by 朝日新聞社 異常把握したのに出荷し豚コレラ拡大 「考えられない」 (2019/02/05)

異常把握したのに出荷し豚コレラ拡大
「考えられない」

愛知県豊田市の養豚場で発覚した豚コレラの感染が、この養豚場が豚を出荷していた岐阜、長野、滋賀、大阪の4府県に一気に広がった。長野には、感染が疑われていながら出荷されていた。畜産関係者からは疑問の声が上がった。




nice!(0) 

災害時も温かい食事を 「お湯ポチャ調理」親子で体験

 Uploaded by 朝日新聞社 災害時も温かい食事を 「お湯ポチャ調理」親子で体験 (2019/02/05)

災害時も温かい食事を
「お湯ポチャ調理」親子で体験

「親子で食のサバイバル ~防災食の調理体験会」が東京・新宿で開かれ、備蓄品を使った、温かい料理の簡単な作り方を学びました




nice!(0) 

福島で火災、4遺体発見 住人と連絡取れず

 Uploaded by KyodoNews  福島で火災、4遺体発見 住人と連絡取れず (2019/02/05)

福島で火災、4遺体発見 住人と連絡取れず

5日午後10時15分ごろ、福島県郡山市昭和1の11の22、無職白井武志(しらい・たけし)さん(62)方から「1階の部屋が燃えている。自宅内に煙が充満している」と119番があった。木造一部2階建てが全焼し約2時間後に鎮火、焼け跡から性別不明の4遺体が見つかった。白井さんを含む住人4人と連絡が取れておらず、郡山署が身元の確認を進めている。




nice!(1) 

「勝利に貢献したい」 トルコ移籍の香川が会見

 Uploaded by KyodoNews  「勝利に貢献したい」 トルコ移籍の香川が会見 (2019/02/05)

「勝利に貢献したい」 トルコ移籍の香川が会見

サッカーのトルコ1部リーグ、ベシクタシュに加入した元日本代表MF香川真司が5日、イスタンブールの本拠地で記者会見し「勝利に貢献し、チームの順位を一つでも上げたい」と意気込みを語った。




nice!(1) 

藤井七段が順位戦初黒星 師弟同時昇級は持ち越し

 Uploaded by KyodoNews  藤井七段が順位戦初黒星 師弟同時昇級は持ち越し (2019/02/05)

藤井七段が順位戦初黒星 師弟同時昇級は持ち越し

将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は5日、大阪市の関西将棋会館で指された第77期名人戦順位戦C級1組で近藤誠也五段(22)に敗れ、順位戦で初黒星を喫し、前期からの連勝は18で止まった。中原誠16世名人(71)が1967年に作った順位戦デビュー後の連勝記録に並んでいたが、更新はならなかった。B級2組への昇級争いは藤井七段の師匠、杉本昌隆七段(50)も同日、船江恒平六段(31)に敗れ、注目された師弟そろっての昇級は3月5日に行われる最終局に持ち越された。




nice!(0) 

台風で倒壊の灯台、海底から引き揚げ 鹿児島・奄美

 Uploaded by 朝日新聞社 台風で倒壊の灯台、海底から引き揚げ 鹿児島・奄美 (2019/02/05)

台風で倒壊の灯台、海底から引き揚げ
鹿児島・奄美

2018年9月の台風24号の影響で倒壊し、海底で見つかった鹿児島県奄美市の灯台が2月5日、海底から引き揚げられた。第10管区海上保安本部の委託を受けた業者が、灯台のあった名瀬港の防波堤そばの海上でクレーンを使ってつり上げた。重さ計4トンになる本体部分は、3メートルと5メートルの二つに割れていた。同本部によると、灯台は高さ11メートルのFRP(繊維強化プラスチック)製。2018年9月30日に消失が確認され、約2週間後に近くの水深約13メートルの海底で見つかった。灯台とコンクリートの基礎部分を固定するボルトがさびており、台風の波風にさらわれたとみている。




nice!(0) 

立山連峰のふもと 住民たちに水を振る舞う地蔵尊たち

 Uploaded by 朝日新聞社 立山連峰のふもと 住民たちに水を振る舞う地蔵尊たち (2019/02/05)

立山連峰のふもと
住民たちに水を振る舞う地蔵尊たち

立山連峰を水源とし、富山市中心部を流れるいたち川。その川沿いに地蔵尊などの仏像19体が集まる約3キロの一帯がある。由来やまつられた時期ははっきりしないが、それぞれの町内で大切に守られ続けてきた。生活を見守り続ける仏像と、至る所であふれ出る豊富な地下水に人々が集う。




nice!(0) 

G20大阪サミット・テロ対策訓練

 Uploaded by SankeiNews  G20大阪サミット・テロ対策訓練 (2019/02/05)

G20大阪サミット・テロ対策訓練

5日、大阪市住之江区でG20大阪サミットの開催に備え、大規模テロなどを想定し、各機関の対処能力の向上と連携強化を目的とする訓練が行なわれた。インテックス大阪では何者かが化学剤を散布したとの想定で消防、警察、陸上自衛隊などが訓練に参加。負傷者の救助活動など、本番さながらの対処活動を行なった。




nice!(0) 

徳島空港で滑走路が約2時間半閉鎖 海上自衛隊練習機のタイヤがパンク

 Uploaded by 朝日新聞社 徳島空港で滑走路が約2時間半閉鎖 海上自衛隊練習機のタイヤがパンク (2019/02/05)

徳島空港で滑走路が約2時間半閉鎖
海上自衛隊練習機のタイヤがパンク

2月5日午後3時半ごろ、徳島県松茂町の徳島空港で、着陸した海上自衛隊徳島航空群所属の練習機TC90の左側タイヤがパンクし、機体が滑走路縁の芝生にはみ出した状態で停止した。乗員6人にけがはなかった。滑走路は練習機の撤去と安全確認のため、午後6時過ぎまで約2時間半にわたって閉鎖された。この影響で、徳島発羽田行きの日本航空2便が欠航。羽田発徳島行きの日本航空1便が、羽田に引き返した。同空港は海上自衛隊の基地に民間機が乗り入れる共用空港。




nice!(0) 

障害があってもできるスキー体験、松本盲学校

 Uploaded by 朝日新聞社 障害があってもできるスキー体験、松本盲学校 (2019/02/05)

障害があってもできるスキー体験、松本盲学校

障害がある人たちにも、スキーを楽しんでもらいたい――。着座式で滑る「デュアルスキー」と「スノーカート」を、松本盲学校(長野県松本市)が、今冬のスキー教室に初めて導入した。障害者スポーツなどを専門にする信州大学全学教育機構の加藤彩乃助教の協力で実現した。体験した生徒らは「ジェットコースターみたいで最高!」と話した。




nice!(1) 

バイクを綺麗に並べ「ときめき」 インドネシアでも「こんまり」ブーム

 Uploaded by 朝日新聞社 バイクを綺麗に並べ「ときめき」 インドネシアでも「こんまり」ブーム (2019/02/05)

バイクを綺麗に並べ「ときめき」
インドネシアでも「こんまり」ブーム

「こんまり」こと片づけコンサルタントの近藤麻理恵さんの整理術が、インドネシアでも話題だ。インドネシアはお土産でも、食べて無くなる菓子より、形が残る物を好み、壊れた家電や古い衣服も大切にするお国柄だ。日本や米国とは違った共感の広がりを見せている。
 近藤さんは「ときめくものだけ残し、それ以外の不要なものは捨てる」と教える著書「人生がときめく片づけの魔法」で有名になった。物があふれる時代に支持を広げ、同書は世界各地で翻訳された。インドネシアでも翻訳本は2016年に出版され、13刷りのベストセラーに。主な読者は25~35歳の女性で、「片付けが大切で人生にもプラスになると気づき始めた。こんまり流はシンプルで若者世代の文化に合致した」と出版元ブンタン・プスタカはみる。インドネシアでも翻訳本は2016年に出版され、13刷りのベストセラーに。主な読者は25~35歳の女性で、「片付けが大切で人生にもプラスになると気づき始めた。こんまり流はシンプルで若者世代の文化に合致した」と出版元ブンタン・プスタカはみる。
「いかに物を捨てるか」とは違った観点でも「こんまり流」が広がる。ジャカルタ郊外の国立南タンゲラン第4高校の校庭で警備員スラマット・グナエディさんは、生徒たちが乗ってきた計約450台のバイクをホンダ製などのメーカーと色、型別に分け、横一列にそろえる。
 幼少期から整頓好きのグナエディさんが、00年の勤務開始から自ら続けている朝の日課だ。「帰りに見つけやすい」と生徒に評判。SNSに1月末に写真が投稿されると、「ときめきだ」「こんまりのローカル版」と拡散した。こんまり流の「色や形がバラバラなハンガーを統一させるだけで、ときめき度が上がる」との指南が多くの人を引きつけているようだ。
 話題に地元の警察署は2月1日、「革新的な警備賞」と表彰。一躍、時の人となったグナエディさんは「こんまりは知らないけど、人生で初めて賞をもらって、誇らしい」と、はにかんだ。




nice!(1) 

電動キックボード、自転車と同様に 福岡市が特区を提案

 Uploaded by 朝日新聞社 電動キックボード、自転車と同様に 福岡市が特区を提案 (2019/02/05)

電動キックボード、自転車と同様に
福岡市が特区を提案

福岡市は2月4日、原付きバイク扱いになっている電動のキックボードの規制を緩和して、自転車と同じように乗れる特区を国に提案した。市街地の拠点に置き、観光客の足の確保や渋滞緩和につなげる狙いがある。




nice!(0) 

街飾る1万5千の光 長崎ランタンフェス開幕

 Uploaded by KyodoNews  街飾る1万5千の光 長崎ランタンフェス開幕 (2019/02/05)

街飾る1万5千の光 長崎ランタンフェス開幕

長崎市中心部を約1万5千個の中国ちょうちんで華やかに彩る「長崎ランタンフェスティバル」が5日、中国の春節(旧正月)に合わせて始まった。赤や黄色の柔らかい光に彩られ、夜の街は幻想的な雰囲気に包まれた。19日まで。




nice!(0) 

北前船、7市町追加目指す 日本遺産で連携強化

 Uploaded by KyodoNews  北前船、7市町追加目指す 日本遺産で連携強化(2019/02/04)

北前船、7市町追加目指す 日本遺産で連携強化

文化庁の日本遺産に認定されている「北前船寄港地・船主集落」の地元自治体などでつくる協議会は4日、東京都内で記者会見し、新たに山形県鶴岡市をはじめ7市町の追加認定を目指す方針を明らかにした。連携を強め、観光振興に結びつけるのが狙い。7市町は鶴岡市のほか、新潟県出雲崎町、金沢市、兵庫県姫路市、同たつの市、広島県竹原市、香川県多度津町。




nice!(0) 

乳児遺体にレジ袋で賠償 葬儀会社に66万円命令

 Uploaded by KyodoNews  乳児遺体にレジ袋で賠償 葬儀会社に66万円命令 (2019/02/05)

乳児遺体にレジ袋で賠償 葬儀会社に66万円命令

兵庫県丹波市で2017年10月に生後5カ月で死亡し、司法解剖後に引き渡された次男の遺体にレジ袋がかぶせられていたとして、両親が遺体を扱った神戸市の葬儀会社「平安」に計220万円の慰謝料などを求めた訴訟の判決で、神戸地裁は5日、「安易に考えて袋をかぶせた。不相応な行為だ」として66万円の支払いを命じた。




nice!(1)