So-net無料ブログ作成

お湯を0.1度刻みで調整 道後温泉の「汽缶士」 源泉、プロがブレンド

 Uploaded by 朝日新聞社  お湯を0.1度刻みで調整 道後温泉の「汽缶士」 源泉、プロがブレンド (2019/02/26)

お湯を0.1度刻みで調整
道後温泉の「汽缶士」 源泉、プロがブレンド

午前3時半。松山市の道後温泉本館を見下ろす高台にある「第2分湯場」の1階で、5本の配管に付いたバルブが一つずつ人の手で緩められていく。目盛り付きの透明な配管の中で、湯量を示す重りが静かに浮き上がった。本館の浴槽への送湯が始まったしるしだ。
 本館の開館は午前6時。2時間半前に送湯を始めるのは、夜中に冷めた浴槽を、湯をかけ流して温める時間が必要だからだ。源泉を集めて旅館やホテルへ送り出す分湯場は道後温泉に計4カ所。第2分湯場では、源泉2本と別の2カ所の分湯場から来る20〜50度程度の湯を混ぜ合わせ、本館に送る。加水、加温はしない。湯を配合する割合で温度が決まる。
 この作業にあたるのは、温泉を管理する市の職員「汽缶士(きかんし)」だ。冬場、本館の設定温度は42・3度。本館に届くまでに冷めることも考慮し、少し熱い湯を送る。この日の「出荷温度」は44・8度。気温に応じて毎日調整する。
 20年以上勤務する阪本修司さんは「配管や浴槽は地中の温度の影響も受ける。完全に経験則での判断です」。今季の冬は暖かく、44・8度は低めの設定だ。
 午前4時ごろに分湯場での作業は一段落するが、安心はできない。「ある程度たまって温度を測るまでは若干不安です」




nice!(0) 

道路管理のため誤って伐採 奄美大島の希少植物が被害に

 Uploaded by 朝日新聞社  道路管理のため誤って伐採 奄美大島の希少植物が被害に (2019/02/26)

道路管理のため誤って伐採
奄美大島の希少植物が被害に

「毎年減っている。大丈夫かなあ」。奄美博物館(鹿児島県奄美市)の自然担当職員平城達哉さんが心配する植物がある。奄美大島の固有種で、絶滅の恐れがあるフジノカンアオイ。自生地の一つで、世界自然遺産の候補地に近い林道脇で1月、数が減ったのを確認した。複数の自然保護関係者が原因とみるのが、道路管理のための草刈りだ。




nice!(0) 

【地球異変】貧困層が支えるプラスチックリサイクル インド

 Uploaded by 朝日新聞社  【地球異変】貧困層が支えるプラスチックリサイクル インド (2019/02/26)

【地球異変】
貧困層が支えるプラスチックリサイクル インド

年間60万トンのプラスチックごみを海に流出させているとされるインド。都市部のごみ処理場には、レジ袋などプラスチック製品をたくさん含んだごみが、数十メートルも積み上がっている。「ラグピッカー」と呼ばれる貧困層が、廃プラスチックを集めていた。
首都ニューデリー南部にある「テーカン処分場」。1万トンを超えるごみが山積みになっていた。その高さは40メートル超だ。
 ごみ山に登ると、ダンプカーが次々と荷台いっぱいのごみを運び込むのが見えた。腐った野菜くずが強烈な悪臭を放つ。その中にお菓子の袋やレジ袋などプラスチック製品がたくさん混じっていた。




nice!(0) 

「長時間労働で適応障害」 大阪府立高教諭が府を提訴

 Uploaded by 朝日新聞社  「長時間労働で適応障害」 大阪府立高教諭が府を提訴 (2019/02/25)

「長時間労働で適応障害」 大阪府立高教諭が府を提訴

授業準備や部活指導などで長時間労働を強いられた結果、適応障害を発症して一時休職を余儀なくされたとして、大阪府立高校の男性教諭が2月25日、府に計230万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。現役教諭が過労問題で学校側を訴えるのは異例。




nice!(0) 

響く発砲音、迫る女性にうつむいた隊員 緊迫の国境ルポ

 Uploaded by 朝日新聞社  響く発砲音、迫る女性にうつむいた隊員 緊迫の国境ルポ (2019/02/25)

響く発砲音、迫る女性にうつむいた隊員
緊迫の国境ルポ

「あなたも家族も食べ物や薬がなくて困っているでしょう。運び入れるのは、人道支援物資です。ベネズエラ国民のためです」。2月23日午前、南米ベネズエラと西隣のコロンビアを隔てるタチラ川に架かるシモンボリバル橋。橋の真ん中に陣取って国境を封鎖するベネズエラ治安部隊の隊員に、コロンビア側からベネズエラ人の女性が語りかけた。隊員の多くは女性と目を合わせるのを避けた。女性の前に立つ若い隊員は、耐えきれずうつむいた。橋のコロンビア側には治安部隊と向き合う形で、たくさんのベネズエラ人が集まっていた。食料不足にあえぐ母国から、コロンビアに逃れた人々だ。「自由を! 自由を!」と声を合わせ、封鎖解除を訴えた。




nice!(1) 

西川和尚のらくらく精進料理 豆腐でふんわり食感「松風焼き」

 Uploaded by 朝日新聞社  西川和尚のらくらく精進料理 豆腐でふんわり食感「松風焼き」 (2019/02/25)

西川和尚のらくらく精進料理
豆腐でふんわり食感「松風焼き」

おせちに使われる松風焼き。京菓子の「松風」と同じで、表面はケシの実などで飾り、裏には何もつけない。裏がない正直な人になりますように――。そんな願いを込めた縁起ものの食という。鶏のひき肉に溶き卵やみそを入れて混ぜ、型に入れてオーブンで焼いて切り分ける。それが松風焼きの基本形だが、精進料理は肉は使わない。「豆腐で作ってもおいしい」と西川和尚。すり鉢で豆腐と大和芋をすり混ぜたらみそを加え、もう一度する。これを流し缶に入れ、焼かずに蒸す。




nice!(0) 

砂防ネットが描く幾何学模様 徳島県鳴門市のさつまいも畑

 Uploaded by 朝日新聞社  砂防ネットが描く幾何学模様 徳島県鳴門市のさつまいも畑 (2019/02/25)

砂防ネットが描く幾何学模様
徳島県鳴門市のさつまいも畑

茶色い砂地に現れた四角形や三角形。徳島県鳴門市で、特産品のさつまいも「なると金時」の畑に張られた砂防ネットが幾何学模様を描き、地上絵や巨大迷路のようになっている。JA里浦などによると、4月の苗の作付けを前に、海からの強風で畑の砂が飛散しないよう、各農家がネットを張るのだという。作付けが終わるとネットは撤去されるので、それまでの光景だ。




nice!(0) 

豪雪の底から春を掘り出せ 山形・肘折温泉で地面出し競争

 Uploaded by 朝日新聞社  豪雪の底から春を掘り出せ 山形・肘折温泉で地面出し競争 (2019/02/25)

豪雪の底から春を掘り出せ
山形・肘折温泉で地面出し競争

日本有数の豪雪地帯、山形県大蔵村の肘折温泉で、積もった雪を掘って地面を出す早さを競う「地面出し競争ワールドカップ・イン肘折」が2月24日、旧肘折小中学校で開かれた。首都圏や関西からの参加者を含め計34組、174人が参加した。そり競技による予選で、掘る場所を決める順番が与えられ、午前11時、競技が始まった。各チーム、スコップと雪かき用シャベルで掘り進めていった。同日朝の肘折の積雪は230センチ。昨年より150センチも浅かったが、雪の少ない遠方のチームは「掘っても掘っても届かない」と悪戦苦闘していた。




nice!(0) 

陸自と警視庁、千葉県警の約200人 初の合同訓練

 Uploaded by ANNnewsCH 陸自と警視庁、千葉県警の約200人 初の合同訓練(19/02/26)

陸自と警視庁、千葉県警の約200人 初の合同訓練

武装した外国からの工作員が上陸した想定で陸上自衛隊と警視庁、千葉県警の機動隊が初めて合同訓練を行いました。 埼玉県新座市の陸上自衛隊の施設で行われた訓練は武装した外国からの工作員が日本に上陸したという想定で行われました。




nice!(0) 

沖縄「県民投票は政策を拘束しない」公明・山口代表

 Uploaded by ANNnewsCH 沖縄「県民投票は政策を拘束しない」公明・山口代表(19/02/26)

沖縄「県民投票は政策を拘束しない」公明・山口代表

公明党の山口代表は普天間基地の移設に伴う沖縄県民投票で反対が7割を超えた結果について、県の有権者に占める反対の割合は少数だと指摘し、辺野古移設は必要という認識を示しました。




nice!(0)