So-net無料ブログ作成

豪雨災害のミカン畑でドローンが農薬散布 愛媛・宇和島市

 Uploaded by 朝日新聞社 豪雨災害のミカン畑でドローンが農薬散布 愛媛・宇和島市 (2018/09/21)

豪雨災害のミカン畑でドローンが農薬散布
愛媛・宇和島市

豪雨で被災した愛媛県宇和島市のミカン畑の農薬散布に、ドローン(小型無人飛行機)が活躍している。農道が土砂で埋もれたり、農薬をまくスプリンクラーが壊れたりしても、空からなら小さな労力で散布できる。ドローンの操縦にたけた農家や農協が、被災した人たちを支えている。




nice!(0) 

あべのハルカスで「天空花火」 タワーに映像投影

 Uploaded by 朝日新聞社 炎天下も冬もディーゼル72両を手洗い JR徳島運転所 (2018/09/21)

あべのハルカス
あべのハルカスで「天空花火」 タワーに映像投影

日本一高いビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)で9月21日、プロジェクションマッピングで花火を打ち上げる「天空花火」が始まった。58階の天空庭園にある、高さ約16メートルのタワーに来場者が手を触れると、センサーが反応して万華鏡や星座などをモチーフにした花火の映像が、音とともに映し出された。日没後から午後9時40分まで。展望台への入場料(18歳以上1500円など)が必要。




nice!(0) 

炎天下も冬もディーゼル72両を手洗い JR徳島運転所

 Uploaded by 朝日新聞社 炎天下も冬もディーゼル72両を手洗い JR徳島運転所 (2018/09/21)

炎天下も冬もディーゼル72両を手洗い
JR徳島運転所

JR徳島駅のそばにある徳島運転所(徳島市寺島本町西1丁目)では、配置されているディーゼル車両72両の洗車が今も手作業で行われている。JR四国によると、四国に4カ所ある運転所では唯一。全国の車両基地でも今では珍しい存在だという。
 レールの両側を駅のプラットホームのような台で囲んだ洗車場所に、車両がゆっくりと入ってきた。洗車は1両ずつ。エプロン姿のジェイアール四国メンテナンス徳島支店の職員が2人一組で、ブラシを使って作業を始めた。
 まずは、運転台のある前面。ブラシで洗剤を塗り、水で洗い流すのは食器洗いと同じ。違うのは職員が持つ長いブラシ。約2メートルの物干しざおにブラシとホースを固定した同運転所オリジナルの道具だ。
 前面が終わると、今度は左右に分かれて、車両の側面を洗う。窓枠やドアの隅など、鉄粉や油で汚れやすいところは丁寧に。作業時間は1両当たり約30分。機械洗車の2~3倍はかかるという。一つの車両はおおむね5~7日に一度程度洗っている。
 ところで、なぜ徳島運転所だけ手作業の洗車が残ったのか。藤村悦哉所長は「徳島中央公園と徳島駅に挟まれた立地のため、広い場所が必要な車両洗浄装置を入れることが難しい」と明かす。駅周辺の高架化に合わせて運転所を移転する構想もあるが、実現のめどは立っていない。当分は手作業での洗車が続きそうだ。




nice!(1) 

「謎肉」実は香川が生産量一 讃岐うどんに限定かけ放題

 Uploaded by 朝日新聞社 「謎肉」実は香川が生産量一 讃岐うどんに限定かけ放題 (2018/09/21)

「謎肉」実は香川が生産量一 讃岐うどんに限定かけ放題

日清食品のカップヌードルに入っている「謎肉」と呼ばれる四角い具材が、高松市のうどん店「中西うどん」で9月22~28日、讃岐うどんのトッピングとして期間限定でかけ放題になる。
 日清によると、この具材は、肉や大豆、野菜などをミンチ状にして味付けし、フリーズドライ加工したもの。1971年に発売されたカップヌードルに長年、入っている。
 詳しい材料が不明だったため、インターネット上などで「謎肉」と呼ばれていたが、日清は昨年、豚肉のほかに主に大豆でできていると初めて公表した。
 今回は、発売から47周年を迎えた18日にカップヌードルの公式ツイッターで「47年目のカミングアウト」と称し、「謎肉は、香川県が生産量世界一」と明らかにした。うどん店とのコラボを計画し、香川県内の複数のうどん店に呼びかけたところ、中西うどんが手を挙げたという。
 期間中は、ネギや天かすと共に謎肉が店頭に並び、無料で好きなだけトッピングできる。日清によると、謎肉とうどんの組み合わせは史上初。日清の担当者は「トッピングすると、肉うどんのよう。うどんにジューシーなうまみが加わり、少量でもお楽しみいただけます」と話す。
 日清の発表を受け、出身地の香川県をPRする「うどん県副知事」で俳優の要潤さんは、「まずは改名したいですね。香川県は、『うどん県』であり『謎肉県』でもあるのです。的な。」などとツイッターで反応。自身と謎肉のコラージュ画像を多数投稿し、話題になっている。




nice!(1) 

「生じょうゆは2往復半」と食べ方指南 名物うどん店「梅田はがくれ」、9月25日に閉店

 Uploaded by 朝日新聞社 「生じょうゆは2往復半」と食べ方指南 名物うどん店「梅田はがくれ」、9月25日に閉店 (2018/09/21)

梅田はがくれ 本店
「生じょうゆは2往復半」と食べ方指南
名物うどん店「梅田はがくれ」、9月25日に閉店

「うどんにかける生(き)じょうゆは2往復半」。名物店主がユーモアたっぷりに食べ方を指南してくれる大阪・梅田の人気うどん店「梅田はがくれ」が、9月25日で約30年の歴史に幕を下ろす。閉店を惜しむファンが、長い列をつくっている。
 店主の天谷雅之さんが大阪市北区の大阪駅前第3ビルに店を開いたのは、1989年。
 数年後、妻の出身地の香川県で食べた「生じょうゆうどん」を始めたことで、人気に火がついた。
 讃岐うどんのコシの強さに加え、滑らかなのどごしにこだわった自家製麺をシンプルに味わえる食べ方が人気を呼び、行列店になった。カウンター14席の店に、平日は約250人が訪れ、長い行列ができる。
 客の目の前で、丼のうどんに生じょうゆをかけながら「2往復半」と説明するパフォーマンスは、「だしをかける感覚で生じょうゆをかけ過ぎてしまう人が多かったから」始めた。




nice!(1) 

車いすの「仮面女子」猪狩ともかさん 一日署長に 交通安全を呼びかけ

 Uploaded by 朝日新聞社 車いすの「仮面女子」猪狩ともかさん 一日署長に 交通安全を呼びかけ (2018/09/21)

車いすの「仮面女子」猪狩ともかさん 一日署長に
交通安全を呼びかけ

倒れた看板の下敷きになり、半身不随のため車いすで生活する地下アイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともかさんが9月20日、大月署の一日警察署長となり、山梨県都留市と道志村で交通安全を呼びかけた。
 21日から始まる秋の全国交通安全運動を前に、「人々の希望の光になりたい」と活動を続ける猪狩さんを招いた。
 猪狩さんは今年4月、東京都内を歩いている際、強風にあおられた看板の下敷きになり、脊椎損傷などで半身不随に。今もリハビリを続けている。ダンスはできなくなったが、前向きに活動する姿をブログなどで発信している。




nice!(0) 

カイシャの飲み会 社内バーで語り合う ITベンチャー「クローバーラボ」

 Uploaded by 朝日新聞社 カイシャの飲み会 社内バーで語り合う ITベンチャー「クローバーラボ」 (2018/09/21)

カイシャの飲み会 社内バーで語り合う
ITベンチャー「クローバーラボ」

大阪市のITベンチャー、クローバーラボの社内には、酒を飲みながら社員が語り合うための「バー」がある。9月3日の夕方も、仕事を終えた社員が10人ほど集まり、好みの飲み物を手に、最近の仕事について話していた。
 カウンターには、日本酒、焼酎、ウイスキーなど、さまざまな酒が並ぶ。お茶やペットボトルもある。飲み物は全て無料で、飲み放題だ。バーは、小山力也社長の発案で、2011年にできた。会社が成長するにつれ、隣の人が何をしているのかすら分からないようになっていると感じた。「アルコールの助けを借りて、衝突しながらでも言いたいことを言い合って欲しい」




nice!(0) 

新型iPhoneが発売、価格12万円超

 Uploaded by 朝日新聞社 新型iPhoneが発売、価格12万円超 (2018/09/21)

新型iPhoneが発売、価格12万円超

米アップルのスマートフォン「iPhone」の新型2機種が9月21日、国内で発売された。高機能化を進めたことで、最上位機種「XS Max」はアップル直営店で12万4800円(税抜き)からと、昨年発売の「X」より1万2千円高くなった。




nice!(0) 

采女祭

Uploaded by SankeiNews 采女祭 (2018/09/24)

采女祭

「中秋の名月」の24日、奈良市の猿沢池周辺で、奈良時代に池に身を投げたとされる采女(うねめ)の霊を慰める「采女祭」が行われた。



nice!(1) 

徳島・阿波おどり「平成最後の総踊り」

Uploaded by SankeiNews 徳島・阿波おどり「平成最後の総踊り」 (2018/09/24)

徳島・阿波おどり「平成最後の総踊り」

阿波おどり振興協会が主催した「西日本豪雨災害チャリティー阿波おどり公演」で、1000人を超える踊り手たちによる平成最後の総おどりが行われた。総踊りの会場となった藍場浜公園に詰め掛けた大勢の観客からも拍手と歓声があがり、盛り上がりをみせた



nice!(1)