So-net無料ブログ作成

厳しい電力状況変わらず 引き続き20%の節電を・・・

 Uploaded by ANNnewsCH 厳しい電力状況変わらず 引き続き20%の節電を・・・(18/09/12)

厳しい電力状況変わらず 引き続き20%の節電を・・・

北海道の電力不足について、11日は節電率が一時、20%を超えましたが、経済産業省は「非常に厳しい状況に変わりはない」として引き続き節電を呼び掛けています。 11日の北海道の節電率は午前8時から午後3時まで、目標値としている20%を超えて推移しました。



nice!(0) 

罹災証明の受付始まる 生活再建へ「早く結論を」

 Uploaded by ANNnewsCH 罹災証明の受付始まる 生活再建へ「早く結論を」(18/09/12)

罹災証明の受付始まる 生活再建へ「早く結論を」

北海道地震で36人が犠牲になり、土砂崩れで多くの住宅が全半壊した北海道厚真町で「罹災(りさい)証明書」の交付申請が始まりました。



nice!(0) 

七五三の「福笹飴」づくり 熱田神宮で2万1千本仕上げ

 Uploaded by 朝日新聞社 七五三の「福笹飴」づくり 熱田神宮で2万1千本仕上げ (2018/09/11)

七五三の「福笹飴」づくり
熱田神宮で2万1千本仕上げ

七五三参りの季節を前に、名古屋市熱田区の熱田神宮で9月11日、「福笹飴」を仕上げる作業があった。巫女ら約100人が、絵馬や魔よけの土鈴で飾られた笹の小枝に、飴が入った袋を取り付ける作業に追われていた。今年は約2万1千本を用意する。




nice!(0) 

ツイッターで「分限裁判」、岡口基一裁判官が記者会見

 Uploaded by 朝日新聞社 ツイッターで「分限裁判」、岡口基一裁判官が記者会見 (2018/09/11)

ツイッターで「分限裁判」、岡口基一裁判官が記者会見

不適切なツイートをしたとして懲戒を申し立てられた東京高裁の岡口基一裁判官に対する分限裁判で、最高裁は9月11日、懲戒にあたるかどうかを決めるための審問手続きを非公開で開いた。SNS発信をめぐり、懲戒を申し立てられたのは初めて。岡口氏は高裁からツイッターを止めるよう迫られたとして「表現の自由の侵害だ」と訴えている。審問手続き後、記者会見を開いて改めて自身の考えを強調した。




nice!(0) 

張栩九段インタビュー【第43期囲碁名人戦・第2局】

 Uploaded by 朝日新聞社 張栩九段インタビュー【第43期囲碁名人戦・第2局】 (2018/09/11)

張栩九段インタビュー【第43期囲碁名人戦・第2局】

第43期囲碁名人戦・第2局が愛知県田原市の「和味の宿 角上楼」でひらかれる。挑戦者の張栩九段が意気込みを語った。




nice!(0) 

井山裕太名人インタビュー【第43期囲碁名人戦・第2局】

 Uploaded by 朝日新聞社 井山裕太名人インタビュー【第43期囲碁名人戦・第2局】 (2018/09/11)

井山裕太名人インタビュー【第43期囲碁名人戦・第2局】

第43期囲碁名人戦・第2局を前に、井山裕太名人が意気込みを語った。最近の調子や対局場の印象は――。




nice!(0) 

井山裕太名人が書に挑戦【第43期囲碁名人戦七番勝負・第2局】

 Uploaded by 朝日新聞社 井山裕太名人が書に挑戦【第43期囲碁名人戦七番勝負・第2局】 (2018/09/11)

井山裕太名人が書に挑戦
【第43期囲碁名人戦七番勝負・第2局】

第43期囲碁名人戦七番勝負・第2局を前に、対局室の検分を終えた井山裕太名人が書に挑戦した。




nice!(0) 

挑戦者張栩九段が書に挑戦【第43期囲碁名人戦七番勝負・第2局】

 Uploaded by 朝日新聞社 挑戦者張栩九段が書に挑戦【第43期囲碁名人戦七番勝負・第2局】 (2018/09/11)

挑戦者張栩九段が書に挑戦
【第43期囲碁名人戦七番勝負・第2局】

第43期囲碁名人戦七番勝負・第2局を前に、対局室の検分を終えた挑戦者の張栩九段が書に挑戦した。




nice!(1) 

屋根をゆさゆさ、踏み倒す祭事 倒れた方角で豊作占う 奄美大島で伝統祭事「ショチョガマ」

 Uploaded by 朝日新聞社 屋根をゆさゆさ、踏み倒す祭事 倒れた方角で豊作占う 奄美大島で伝統祭事「ショチョガマ」 (2018/09/11)

屋根をゆさゆさ、踏み倒す祭事 倒れた方角で豊作占う
奄美大島で伝統祭事「ショチョガマ」

鹿児島県奄美大島の龍郷町秋名で9月11日早朝、片屋根が倒れる方角で作柄の吉凶を占う伝統祭事「ショチョガマ」があり、約100人の男衆が参加した。木とわらでつくった片屋根に乗った男衆らは「ユラ、メラ」のかけ声で豊作になる南側に何度も踏み込んだが、しだいに逆に傾き、最後は北側に倒れた。男たちはかまわず輪になり、陽気に踊って祭りを締めた。保存会長の窪田圭喜さん(77)は「どちらの方角でも豊作と文献にあるので信じたい」と笑った。




nice!(1) 

「豊かな海を知ってほしい」 地元ダイバー、移設に危機感

 Uploaded by 朝日新聞社 「豊かな海を知ってほしい」 地元ダイバー、移設に危機感 (2018/09/11)

「豊かな海を知ってほしい」
地元ダイバー、移設に危機感

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先とされる名護市の東岸に位置する大浦湾には、貴重な生き物と自然環境が残る。
9月上旬、辺野古崎の対岸の安部崎に近い海に潜った。水深15mほどのところに、アオサンゴの群体が広がっていた。大浦湾のアオサンゴは、日本自然保護協会などの調査で、沖縄周辺の他の地域のものとは遺伝的に独立した系統と近年わかり、希少性が注目されている。
近くには、高さ5mほどのハマサンゴもあった。サンゴのすき間を縫うようにスズメダイやテングカワハギが泳ぎ回っていた。県によると、ジュゴンやアカウミガメなど絶滅危惧種262種を含む5800種以上の生物が生息する。最近も新種が見つかっている。
 研究者らは移設工事により、潮の流れが大きく変わったり、埋め立て用の土砂と一緒に外来種が入り込んだりして、生態系が大きく変わる可能性を指摘する。
 大浦湾の調査や撮影を続けてきたダイビングチーム「すなっくスナフキン」の西平伸さんは「人に知られることのないまま絶滅してしまう生き物がいるかもしれない」と話した。




nice!(1) 

大元興寺諸仏展開眼法要

 Uploaded by SankeiNews 大元興寺諸仏展開眼法要 (2018/09/11)

大元興寺諸仏展開眼法要

奈良市の元興寺で13日から行われる「大元興寺諸仏展」を前に奈良国立博物館から里帰りした、十一面観音立像や薬師如来立像などの開眼法要が行われる。




nice!(0) 

がん患者のためのもうひとつの我が家 マギーズ東京

 Uploaded by SankeiNews がん患者のためのもうひとつの我が家 マギーズ東京 (2018/09/11)

がん患者のためのもうひとつの我が家
マギーズ東京

09月11日 がん患者のためのもうひとつの我が家 マギーズ東京

がん患者を側面からケアする施設マギーズセンターが日本にもオープンして約2年がたった。

「がんになった人とその家族や友人など、がんに影響を受けるすべての人が、
とまどい孤独なとき、気軽に訪れて、安心して話したり、また自分の力をとりもどせるサポート。
病院でも自宅でもない、第二の我が家のような居場所」(マギーズ東京ホームページから)。

そんなマギーズ東京の理念と活動を、秋山正子センター長・共同代表理事にインタビューする。

==========================================

マギーズ東京  〒135‐0061 東京都江東区豊洲6-4-18  

TEL:03-3520-9913 FAX:03-3520-9914  https://maggiestokyo.org/

開館時間

月曜日~金曜日 (午前10時~午後4時まで) ※土日・祝日はイベント時のみオープン

支援・寄付等に関する問い合わせも上記まで





nice!(0)