So-net無料ブログ作成

本田圭佑「監督」、黒星デビュー 「今日の敗戦忘れることはない」 サッカー・カンボジア代表

 Uploaded by 朝日新聞社 本田圭佑「監督」、黒星デビュー 「今日の敗戦忘れることはない」 サッカー・カンボジア代表 (2018/09/10)

本田圭佑「監督」、黒星デビュー
「今日の敗戦忘れることはない」 サッカー・カンボジア代表

サッカー・カンボジア代表の実質的な監督として初陣に臨んだ本田圭佑。マレーシア代表との国際親善試合で1―3で逆転負けし、試合後の会見では「結果が出なかったので僕に責任があるし、何かできることがあった。今日の敗戦を忘れることはないだろう」と語った。




nice!(0) 

西川和尚のらくらく精進料理 里芋の牛乳だき

 Uploaded by 朝日新聞社 西川和尚のらくらく精進料理 里芋の牛乳だき (2018/09/10)

西川和尚のらくらく精進料理 里芋の牛乳だき

里芋がおいしくなる時期。しょうゆを使った煮物や素揚げと全く違う、スイーツ感覚で食べられる一品をご紹介します




nice!(0) 

ザ・密着 突然やってくるドーピング検査 深夜でも滞在先でも

 Uploaded by 朝日新聞社 ザ・密着 突然やってくるドーピング検査 深夜でも滞在先でも (2018/09/10)

ザ・密着 突然やってくるドーピング検査
深夜でも滞在先でも

ドーピング検査の中には、普段の生活の合間に突然無予告で行う「競技会外検査」もある。どのように行われているか、その実態を解説します。




nice!(1) 

住民見つけた金かぶと発掘の端緒に 五條猫塚古墳 奈良県五條市

 Uploaded by 朝日新聞社 住民見つけた金かぶと発掘の端緒に 五條猫塚古墳 奈良県五條市 (2018/09/10)

住民見つけた金かぶと発掘の端緒に
五條猫塚古墳 奈良県五條市

古墳の発掘調査のきっかけは様々だ。学術的な目的もあれば、ひょんなことで調査が始まることもある。奈良県五條市の五條猫塚古墳(県史跡)の場合は偶然だった。1957年、県立橿原考古学研究所の所員だった網干善教氏が、五條市を訪れた際、住民から五條猫塚古墳で「金の冑が見つかった」という話を聞いた。半信半疑で持ち主を訪ねると、本当に床の間に金の冑が置かれていた。後に「蒙古鉢形冑」と判明するこの発見をきっかけに、翌年から発掘調査が始まった。調査の結果、竪穴式石室やその周辺から、大量の鉄製の武具や鍛冶具などが出土した。




nice!(1) 

スーパーカミオカンデの巨大水槽 ぜんぶ抜いて内部を12年ぶりに公開

 Uploaded by 朝日新聞社 スーパーカミオカンデの巨大水槽 ぜんぶ抜いて内部を12年ぶりに公開 (2018/09/10)

スーパーカミオカンデの巨大水槽
ぜんぶ抜いて内部を12年ぶりに公開

東京大宇宙線研究所は9月9日、素粒子ニュートリノの観測施設「スーパーカミオカンデ」(岐阜県飛驒市)の巨大水槽内部を報道陣に公開した。改修工事のため12年ぶりに水槽内の純水5万トンがすべて抜かれ、壁面にびっしりと並んだ光センサーが現れた。

 スーパーカミオカンデは旧神岡鉱山の地下にあり、水槽の直径・高さは約40メートル。超新星爆発で放出されたニュートリノの検出を目指し、感度を上げるための改修や故障した光センサーの交換などを進めている。10月中旬までに改修作業を終え、来年1月に観測を再開する。




nice!(0) 

台風21号で被害 関空連絡橋の線路復旧へ 損傷した橋桁の撤去準備進む

 Uploaded by 朝日新聞社 台風21号で被害 関空連絡橋の線路復旧へ 損傷した橋桁の撤去準備進む (2018/09/10)

台風21号で被害 関空連絡橋の線路復旧へ
損傷した橋桁の撤去準備進む

国土交通省近畿地方整備局によると、一部の国内・国際線の運航を再開している関西空港は、冠水の被害が大きかった第1滑走路と第1旅客ターミナル(T1)の排水作業が9月10日に終了。運営会社の関西エアポートは14日までに被害が比較的軽かったT1の一部を使った運航も一部再開する見通し。タンカーの衝突で道路や線路の橋桁がずれた連絡橋では、JR、南海電鉄両社が10月上旬の運転再開を目指している。




nice!(0) 

海のプラごみ回収装置「システム001」、太平洋へ出航 オランダのNPOが開発

 Uploaded by 朝日新聞社 海のプラごみ回収装置「システム001」、太平洋へ出航 オランダのNPOが開発 (2018/09/10)

海のプラごみ回収装置「システム001」
太平洋へ出航 オランダのNPOが開発

海に漂流するプラスチックごみが世界的に問題になるなか、オランダのNPOが、海のプラごみを回収する装置を開発した。9月8日、この装置が米西海岸のサンフランシスコから、実験と回収のため太平洋に向けて出航した。漂流プラごみの回収装置は世界で初めてだという。
 開発したのは、オランダのNPO「オーシャン・クリーンアップ」。「システム001」と名付けられた装置は、全長600メートルのパイプに深さ3メートルの「カーテン」がつけられている。海面にUの字形に浮かべ、海流や波、風の力でプラごみを集める仕掛けだ。GPS(全地球測位システム)やカメラも備えている。
 サンフランシスコから約445キロの沖合で2週間の試験をしたあと、さらに約2200キロ離れた米西海岸とハワイの間の「太平洋ごみベルト」に向かう。ここは日本の4倍にあたる面積に、1兆8千億個ものプラごみが集積するとされる海域だ。集めたプラごみは船で回収し、サンフランシスコに陸揚げしたあと、欧州に送り、リサイクルする。回収したプラごみを初めて陸揚げするのは半年後の予定だ。
 オーシャン・クリーンアップは2013年に、当時18歳だったボイヤン・スラットさんが立ち上げた。装置を開発するために300回近い模型テストや海での6回の実証試験も行った。スラットさんは「60年以上にわたり人間は海にプラスチックを流し続けてきたが、これからは陸地に回収するようになる」と話した。今後2年間で装置を60個に増やし、5年間でこの海域のプラごみを半分にするという目標を掲げる。




nice!(0) 

教えて!真央ちゃん先生 浅田姉妹ら子供スケート教室

 Uploaded by SankeiNews 教えて!真央ちゃん先生 浅田姉妹ら子供スケート教室 (2018/09/10)

教えて!真央ちゃん先生 浅田姉妹ら子供スケート教室

埼玉アイスアリーナ(埼玉県上尾市)で6日、浅田真央さんの初心者向け子供スケート教室『住友生命「Vitality」スケートチャレンジ』が開かれた。
浅田さんがプロデュースするアイスショー「浅田真央サンクスツアー」の特別企画として行われたもので、姉の舞さんや無良崇人さんなど元トップスケーターが先生役で参加した。




nice!(0) 

南海本線尾崎駅が仮復旧し営業再開

 Uploaded by SankeiNews 南海本線尾崎駅が仮復旧し営業再開 (2018/09/10)

南海本線尾崎駅が仮復旧し営業再開

台風21号の影響で駅舎が全焼した南海本線尾崎駅(大阪府阪南市)が11日の始発から営業を再開。
駅舎が使えないため、上下線のホームにスロープと臨時の改札を設けた。




nice!(0) 

永井豪さんにインタビュー 「永井GO展」9月24日まで

 Uploaded by SankeiNews 永井豪さんにインタビュー 「永井GO展」9月24日まで(2018/09/10)

永井豪さんにインタビュー 「永井GO展」9月24日まで

「デビルマン」や「マジンガーZ」、「キューティーハニー」など、数多くのヒット作品を生んだマンガ家、永井豪(73)の画業50年突破を記念する展覧会「永井GO展」が、大阪市港区の大阪文化館・天保山で開幕した。直筆マンガ原稿やカラーイラスト、スケッチなど600点以上が並ぶ同展は9月24日まで開催されている。SFからバイオレンス、学園もの、ギャグまでジャンルを越えて広がるイマジネーションと半世紀におよぶキャリアについて、会場を訪れた永井豪さんに聞いた。




nice!(1)