So-net無料ブログ作成

草津白根山付近で機体発見 群馬県防災ヘリが墜落か

 Uploaded by 朝日新聞社 草津白根山付近で機体発見 群馬県防災ヘリが墜落か (2018/08/10)

草津白根山付近で機体発見 群馬県防災ヘリが墜落か

8月10日午前10時ごろ、群馬県の草津白根山付近で県防災ヘリ「はるな」が行方不明になった。朝日新聞のヘリが同日午後2時25分ごろ、この付近で墜落したとみられる機体を確認した。県防災航空隊によると、同隊の隊員4人と消防職員5人の計9人が搭乗しているという。




nice!(0) 

ダンディ坂野が「チキン南蛮バーガー」をPR 宮崎市役所を訪問

 Uploaded by 朝日新聞社 ダンディ坂野が「チキン南蛮バーガー」をPR 宮崎市役所を訪問 (2018/08/10)

ダンディ坂野が「チキン南蛮バーガー」をPR
宮崎市役所を訪問

お笑い芸人のダンディ坂野さんが8月3日、宮崎市役所を訪れ、日本マクドナルドの新商品「宮崎名物チキン南蛮バーガー」を宣伝した。「タルタルがたくさんで子供も楽しめる味。チキン南蛮バーガー、ゲッツ!」と、自慢のギャグを交えて売り込んだ。8日から期間限定販売される。




nice!(0) 

夢舞台へ投下 始球式のボール投下訓練 第100回全国高校野球

 Uploaded by 朝日新聞社 夢舞台へ投下 始球式のボール投下訓練 第100回全国高校野球 (2018/08/10)

夢舞台へ投下 始球式のボール投下訓練
第100回全国高校野球

夏の高校野球の開幕試合。始球式のボールは空からやって来る。8月5日開幕の第100回記念大会で朝日新聞のヘリコプターから始球式のボールを投下する役目を担うのは、航空部の飯野祐平整備士。元球児で直方(福岡)で甲子園を目指したが、けがに苦しみ、チームも福岡大会で敗退した。入社2年目で、甲子園でのボール投下は初めて。夢の舞台で注目を浴びる。「プレッシャーも感じていますが、空から『ストライク』を投げ込みます」と意気込む。




nice!(0) 

語り継ぐ戦争 戦時中、16歳で豊山国民学校の助教に 早川雄さん

 Uploaded by 朝日新聞社 語り継ぐ戦争 戦時中、16歳で豊山国民学校の助教に 早川雄さん (2018/08/09)

語り継ぐ戦争 戦時中、
16歳で豊山国民学校の助教に 早川雄さん

1945(昭和20)年3月、旧制中学を4年で繰り上げ卒業させられたが、そのまま陸軍鷹来工廠(愛知県春日井市)で働いた。6月、豊山国民学校(現在の同県豊山町)に誘われ、面接だけで助教になった。男性教師が兵隊にとられて管理職を含め、教師18人中、男は6人しかいなかった。16歳の僕が、3年生男子組約40人の担任になった。まともな授業の思い出がない。近くに僕らも土運びして造った小牧飛行場はじめ軍事施設が多く、頻繁に空襲があった。




nice!(0) 

佐々木彩夏さんがサプライズゲストで登場 大阪で開催中の「ももクロ」結成10周年記念展

 Uploaded by 朝日新聞社 佐々木彩夏さんがサプライズゲストで登場 大阪で開催中の「ももクロ」結成10周年記念展 (2018/08/09)

佐々木彩夏さんがサプライズゲストで登場
大阪で開催中の「ももクロ」結成10周年記念展

大阪の大丸ミュージアム梅田(大丸梅田店15階)で開催中のももいろクローバーZの結成10周年記念展「サイリウムが照らす未来」の会場に、メンバーの佐々木彩夏さん(22)が8月9日午後、サプライズで登場した。プロデュース的な役割も担う、名物マネジャーの川上アキラ氏が急きょ決めた企画。照明を落とした会場にライブでは定番の「over ture」が流れると、居合わせたファンらが一斉にコールし、「何だ何だ?」と大興奮。「今日のゲストの方は、この方です」と招かれ、佐々木さんが姿を見せると、会場は「あーりん!」と一気にヒートアップした。




nice!(1) 

被爆マリア像とともに祈りの行進 長崎でたいまつ行列

 Uploaded by 朝日新聞社 被爆マリア像とともに祈りの行進 長崎でたいまつ行列 (2018/08/09)

被爆マリア像とともに祈りの行進 長崎でたいまつ行列

長崎市で8月9日夜、平和を祈るたいまつ行列があった。原爆で傷ついた「被爆マリア像」とともに、約800本のたいまつを持ったカトリック信者らが浦上天主堂から平和公園までの約800メートルを練り歩き、被爆者や戦没者らに祈りを捧げた。参加した高見正明さん(84)は「人類はみな愛の精神を持っている。世界の人がみな助け合い、平和な世界が訪れてほしい」と話した。




nice!(1) 

原爆の話「苦手」だった少女 被爆者の人生を本に

 Uploaded by 朝日新聞社 原爆の話「苦手」だった少女 被爆者の人生を本に (2018/08/09)

原爆の話「苦手」だった少女 被爆者の人生を本に

学校で原爆の講話を聞くのが苦手だった女性が、被爆者の人生をつづる本を書き始めた。長崎市の松永瑠衣子さん。きっかけは、高校生の時、一人の語り部と出会ったこと。被爆者の思いを受け止めるには、自分たちと同じような日常があったと気づくことが必要――。自分の経験を生かそうと、教員を辞め、この春から執筆に専念している。
 長崎市の学校では毎年夏に向けて、被爆者を招いた講話会が開かれる。松永さんは小中学生のころ、講話を聞くのが気が重かった。原爆投下直後の様子や家族を亡くした話を聞くと怖くて悲しくなるからだ。大勢の子どもを前に話す被爆者を、心のどこかで「かわいそうで特別な人」とも思っていた。
 それが変わったのは高校1年だった2008年。当時参加していた学校外の活動で、語り部として長年活動する被爆者の下平作江さんの証言を映像で記録した。下平さんは爆心地から約800メートルの長崎市油木町の防空壕で被爆。妹は戦後、差別に苦しみ自ら命を絶った。「私には死ぬ勇気がなかっただけ」。最後に思いを託すように「平和のバトンをあなたに」と松永さんの手を握った。
 目の前で向き合い、温かい手に触れて、思った。被爆者は「特別な人」じゃない――。自分たちと同じような日常に原爆が落とされたのだと気づいた。




nice!(0) 

「或る列車」3周年 大分駅で車内見学会

 Uploaded by 朝日新聞社 「或る列車」3周年 大分駅で車内見学会 (2018/08/09)

「或る列車」3周年 大分駅で車内見学会

JR九州のスイーツ列車「或(あ)る列車」が8月8日、運行3周年を迎え、大分市のJR大分駅で記念の車内見学会があった。通常は10歳以上しか乗車できないが、この日は小さな子たちも乗車OK。華やかな車内を満喫した。或る列車は2015年8月8日に運行開始。コースやメニューを変えながら九州内を走っており、6月末現在で3万200人が乗車した。現在は大分―日田間を走っており、大分駅で節目の日を迎えた。




nice!(0) 

涼をもとめて、冷たく楽しい氷のスライダー

 Uploaded by SankeiNews 涼をもとめて、冷たく楽しい氷のスライダー (2018/08/09)

涼をもとめて、冷たく楽しい氷のスライダー

大阪・あべのキューズモールで暑い夏を楽しく涼んでもらおうと、氷を20トンを使った「あべの真夏の氷フェス」を開催。
全長15メートルの氷製スライダーには朝から子供たちが並び、ひと時の涼を楽しんだ。
同フェスは小学生以下が対象。12日まで午前10時から午後5時。参加無料。




nice!(0) 

はたらくいきもの 京都 宇治川の鵜飼

 Uploaded by SankeiNews はたらくいきもの 京都 宇治川の鵜飼 (2018/08/09)

はたらくいきもの 京都 宇治川の鵜飼

「ほー、ほー、ほー」。日が沈み、川面が闇に覆われると、鵜をけしかける鵜匠の声が響いた。かがり火に照らされた鵜舟から6本の縄が伸び、その先につながれた鵜たちが次々に水中に飛び込んでいく。




nice!(0) 

森林鉄道から広がる昔の林業展トークイベント6

 Uploaded by SankeiNews 森林鉄道から広がる昔の林業展トークイベント6 (2018/08/09)

森林鉄道から広がる昔の林業展トークイベント6

★日本を支えた「森林鉄道」をレジェンドたちが語る 近畿中国森林管理局イベント

 石川・三重県以西山口県までの国有林を管理する林野庁近畿中国森林管理局(大阪市)は明治期から昭和40年代まで木材を運搬するため日本各地の山奥に敷設、運行され林業を支えた森林鉄道の写真や資料などを展示する企画展「森林鉄道から広がる昔の林業展」が開催された。

 6月9日には特別企画として森林鉄道に造詣の深い“レジェンド”を招きトークショーが開かれ、80人の熱心なファンが参加した。近畿中国森林管理局によると、林野庁主催の森林鉄道ファン向けのイベントは全国初という。

 出演者は林野庁OBで「全国森林鉄道全データ」の著者、矢部三雄・富士大学客員教授、森林鉄道好きが高じて林野庁に入庁した高塚慎司・国有林野部業務課課長補佐、高知県の魚梁瀬(やなせ)森林鉄道の研究、著述が縁で馬路村観光大使に任命された森林鉄道研究家・舛本成行さんの3人。

 企画展は大阪市北区天満橋の近畿中国森林管理局森林(もり)のギャラリーで6月22日まで開催された。

画像は最終・6回目。まとめ、終了後の展示会場での交流の様子など。




nice!(1) 

大阪梅田に「インベーダールーム」が登場

 Uploaded by SankeiNews 大阪梅田に「インベーダールーム」が登場 (2018/08/09)

大阪梅田に「インベーダールーム」が登場

タイトーの名作「スペースインベーダー」の誕生40周年を記念し、大阪梅田に専門店がオープンした。足元の画面に映し出されたボールをけって敵を倒す「アルキンベーダー」。ボルダリングのように壁の突起つかまって手足でインベーダーを撃退する「ノボリンベーダー」。大画面で8人までプレーが可能な「スペースインベーダーギガマックス」などのゲームで遊ぶことができる。来年の1月27日までヨドバシ梅田に開設される




nice!(1) 

森林鉄道から広がる昔の鉄道展トークイベント5

 Uploaded by SankeiNews 森林鉄道から広がる昔の鉄道展トークイベント5 (2018/08/08)

森林鉄道から広がる昔の鉄道展トークイベント5

★日本を支えた「森林鉄道」をレジェンドたちが語る 近畿中国森林管理局イベント

 石川・三重県以西山口県までの国有林を管理する林野庁近畿中国森林管理局(大阪市)は明治期から昭和40年代まで木材を運搬するため日本各地の山奥に敷設、運行され林業を支えた森林鉄道の写真や資料などを展示する企画展「森林鉄道から広がる昔の林業展」が開催された。

 6月9日には特別企画として森林鉄道に造詣の深い“レジェンド”を招きトークショーが開かれ、80人の熱心なファンが参加した。近畿中国森林管理局によると、林野庁主催の森林鉄道ファン向けのイベントは全国初という。

 出演者は林野庁OBで「全国森林鉄道全データ」の著者、矢部三雄・富士大学客員教授、森林鉄道好きが高じて林野庁に入庁した高塚慎司・国有林野部業務課課長補佐、高知県の魚梁瀬(やなせ)森林鉄道の研究、著述が縁で馬路村観光大使に任命された森林鉄道研究家・舛本成行さんの3人。

 企画展は大阪市北区天満橋の近畿中国森林管理局森林(もり)のギャラリーで6月22日まで開催された。

画像は5回目。舛本成行さんによる魚梁瀬森林鉄道の保存活動、重要文化財指定、日本遺産選定の経緯など。




nice!(0) 

日本高校ダンス部選手権 関東甲信越Aブロック スモールクラス 全国大会出場校

 Uploaded by SankeiNews 日本高校ダンス部選手権 関東甲信越Aブロック スモールクラス 全国大会出場校 (2018/08/08)

日本高校ダンス部選手権
関東甲信越Aブロック スモールクラス 全国大会出場校

高校ダンス部の日本一を決める第11回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)関東・甲信越地区大会(産経新聞社、ストリートダンス協会主催、エースコック特別協賛、大塚ホールディングス、ジョンソン・エンド・ジョンソンほか協賛)が7日、神戸市中央区の神戸文化ホールで始まり、計14チームが全国大会出場を決めた。地区大会は9日まで開催される。

 全国大会は8月16、17の両日、横浜市西区の「パシフィコ横浜」で開催予定。

 一方、第7回日本中学校ダンス部選手権の東日本予選大会も6日に行われ、計13チームが19日に舞浜アンフィシアター(千葉県浦安市)で行われる全国大会出場を決めた。

 全国大会に出場を決めたチームは次の通り。

 【高校・ビッグクラス】東京都立狛江高校、東京都立高島高校、神奈川県立光陵高校、神奈川県立海老名高校、品川女子学院(東京)、東京都立福生高校、東野高校(埼玉)、横浜創英高校(神奈川)

 【高校・スモールクラス】東京都立松原高校、浦和学院高校、東野高校(埼玉)、二松學舍大学附属高校(東京)、神奈川県立大和南高校、東葉高校(千葉)

 【中学】桐光学園中学校(神奈川)、上尾市立大石中学校(埼玉)、中央大学附属横浜中学校(神奈川)、川崎市立麻生中学校(神奈川)、江戸川区立葛西第三中学校(東京)、横浜女学院中学校(神奈川)、品川女子学院(東京)、板橋区立板橋第二中学校(東京)、三田国際学園中学校(東京)、トキワ松学園中学校(東京)、目黒区立目黒中央中学校(東京)、広尾学園中学校(東京)、明治大学付属明治中学校(東京)




nice!(0) 

日本高校ダンス部選手権 関東甲信越Aブロック ビッグクラス 全国大会出場校

 Uploaded by SankeiNews 日本高校ダンス部選手権 関東甲信越Aブロック ビッグクラス 全国大会出場校 (2018/08/08)

日本高校ダンス部選手権
関東甲信越Aブロック ビッグクラス 全国大会出場校

高校ダンス部の日本一を決める第11回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)関東・甲信越地区大会(産経新聞社、ストリートダンス協会主催、エースコック特別協賛、大塚ホールディングス、ジョンソン・エンド・ジョンソンほか協賛)が7日、神戸市中央区の神戸文化ホールで始まり、計14チームが全国大会出場を決めた。地区大会は9日まで開催される。

 全国大会は8月16、17の両日、横浜市西区の「パシフィコ横浜」で開催予定。

 一方、第7回日本中学校ダンス部選手権の東日本予選大会も6日に行われ、計13チームが19日に舞浜アンフィシアター(千葉県浦安市)で行われる全国大会出場を決めた。

 全国大会に出場を決めたチームは次の通り。

 【高校・ビッグクラス】東京都立狛江高校、東京都立高島高校、神奈川県立光陵高校、神奈川県立海老名高校、品川女子学院(東京)、東京都立福生高校、東野高校(埼玉)、横浜創英高校(神奈川)

 【高校・スモールクラス】東京都立松原高校、浦和学院高校、東野高校(埼玉)、二松學舍大学附属高校(東京)、神奈川県立大和南高校、東葉高校(千葉)

 【中学】桐光学園中学校(神奈川)、上尾市立大石中学校(埼玉)、中央大学附属横浜中学校(神奈川)、川崎市立麻生中学校(神奈川)、江戸川区立葛西第三中学校(東京)、横浜女学院中学校(神奈川)、品川女子学院(東京)、板橋区立板橋第二中学校(東京)、三田国際学園中学校(東京)、トキワ松学園中学校(東京)、目黒区立目黒中央中学校(東京)、広尾学園中学校(東京)、明治大学付属明治中学校(東京)




nice!(0)