So-net無料ブログ作成

世界で最も美しいサメ「ヨシキリザメ」が泳ぐむろと廃校水族館

 Uploaded by 朝日新聞社 世界で最も美しいサメ「ヨシキリザメ」が泳ぐむろと廃校水族館 (2018/06/12)

世界で最も美しいサメ「ヨシキリザメ」が泳ぐむろと廃校水族館

鮮やかな青色が特徴で世界で最も美しいサメといわれるヨシキリザメが、4月に開館したばかりの「むろと廃校水族館」(室戸市室戸岬町)の仲間に加わった。ストレスに弱いため飼育例はまれだ。
5月31日、室戸市の三津大敷組合の定置網に1匹の生きているサメがかかった。連絡を受けた水族館の職員が確認すると、体長1・3メートルのヨシキリザメだった。腹は白色、背は青色や藍色で「ブルーシャーク」と呼ばれる。体は細長い流線形。頭が長く目は細い。
 若月元樹館長によると、ヨシキリザメは水揚げされると特徴的な青色が暗い灰色に変色する。泳いでいる美しい姿を見られるのは非常に珍しいという。




nice!(0) 

名古屋市営住宅強制退去で猫45匹 保護センターは苦心

 Uploaded by 朝日新聞社 名古屋市営住宅強制退去で猫45匹 保護センターは苦心 (2018/06/12)

名古屋市営住宅強制退去で猫45匹
保護センターは苦心

名古屋市の市営住宅の一室で多数の猫を飼っていた住人の女性が6月11日、強制退去処分になった。市動物愛護センター(同市千種区)が猫45匹を保護したが、すでに「定員」はいっぱい。職員らがやりくりに苦心している。
 センターによると、保護したのは部屋の明け渡し前に住人から依頼があった42匹と、11日の強制執行の際に新たに見つかった3匹。センターが想定する猫の収容は約100匹までで、すでにほぼ満杯。このため今回の45匹は、空いている犬用施設も使って飼育することにしたという。
 こうして全て保護するのは、河村たかし市長の指示に基づく異例の措置。従来は猫が寄せられると、病気の有無や性格、施設の空き状況などに応じて殺処分してきたためだ。
 センターの鳴海大助・管理指導係長は「すべての猫を救えるのが一番」。今回の猫だけが救われることには複雑な思いもあり「ほかの猫にしわ寄せがないようにしたい」と説明した。




nice!(0) 

大阪万博へ「未完のトンネル」 汗だくで歩いた「夢洲」

 Uploaded by 朝日新聞社 大阪万博へ「未完のトンネル」 汗だくで歩いた「夢洲」 (2018/06/12)

大阪万博へ「未完のトンネル」
汗だくで歩いた「夢洲」

日本政府が誘致している2025年万博の開催予定地である大阪湾の人工島「夢洲(ゆめしま)」(大阪市此花区)。長らく「負の遺産」だったが、万博が来れば「夢の島」になれるのか。誘致合戦が佳境を迎える中、埋め立て工事が進む島を巡った。島やそこに続くトンネルは、まるで「ワンダーランド(不思議の国)」のようだった。




nice!(0) 

納涼ビール電車が運行開始 愛知・豊橋鉄道

 Uploaded by 朝日新聞社 納涼ビール電車が運行開始 愛知・豊橋鉄道 (2018/06/11)

納涼ビール電車が運行開始 愛知・豊橋鉄道

豊橋鉄道(愛知県豊橋市)は6月12日から9月24日まで「納涼ビール電車」を運行する。試乗会が7日あり、参加者が一足早くのど越しを楽しんだ。今年で26年目。豊橋駅前と運動公園前を往復する計9・4キロを約1時間20分かけて走る。




nice!(0) 

子ガモ4羽、鴨川へお引っ越し 父現れず母は飛び去り…  京都

 Uploaded by 朝日新聞社 子ガモ4羽、鴨川へお引っ越し 父現れず母は飛び去り…  京都 (2018/06/11)

子ガモ4羽、鴨川へお引っ越し
父現れず母は飛び去り…  京都

京都市左京区の要法寺(ようぼうじ)の池で育った子ガモが6月11日、近くの鴨川へ引っ越した。警察官15人が「身辺警護」をし、車を止めて横断歩道を渡らせた。春に生まれた4羽が成長。例年なら親が先導するが、父はこの日現れず、母は鴨川へ歩き出した途端に飛び去った。保護者同伴のない異例の転居となった。




nice!(1) 

有明海名物味わって 「アゲマキ」22年ぶりに漁再開

 Uploaded by 朝日新聞社 有明海名物味わって 「アゲマキ」22年ぶりに漁再開 (2018/06/11)

有明海名物味わって 「アゲマキ」22年ぶりに漁再開

休漁が続いていた有明海特産の二枚貝「アゲマキ」の漁が6月8日、22年ぶりに復活した。佐賀県鹿島市の干潟で、同県有明海漁協所属の漁師6人が潟スキーを操りながら泥に手を突っ込み、採ったアゲマキを次々と箱に入れていった。
 この日採れたのは60キロほど。9日から佐賀市などで販売される。アゲマキは農林水産省の統計で、1988年には県内で776トンの水揚げがあった。しかし原因不明の大量死で92年には1トンに激減し、97年からは漁業実態がない状態になっていた。県有明水産振興センター(同県小城市)が稚貝を放流するなどの試みを20年以上続け、近年は放流した稚貝が親となった天然貝がみられるようになっていた。




nice!(0) 

豪雨被災地で「三連水車」の組み立て作業 福岡・朝倉

 Uploaded by 朝日新聞社 豪雨被災地で「三連水車」の組み立て作業 福岡・朝倉 (2018/06/10)

豪雨被災地で「三連水車」の組み立て作業
福岡・朝倉

2017年7月の九州北部豪雨で被害を受けた福岡県朝倉市の国指定史跡「三連水車」の組み立て作業が6月10日、同市菱野の堀川用水であった。17日から下流の二連水車とともに回り始める予定だ。水車は直径約4~4・8メートルの3基。水車大工の妹川幸二さんらが、丸い水車の外側にぐるりと輪板(わいた)を巡らせて補強。水を受けて水車を回す羽根板と水をくみ上げる柄杓(ひしゃく)を、クギ代わりの板状の竹栓を打ち込んで本体に固定した。




nice!(0) 

山の恵み 山菜を知ろう、達人から伝授 庄内で料理教室 山形・北月山

 Uploaded by 朝日新聞社 山の恵み 山菜を知ろう、達人から伝授 庄内で料理教室 山形・北月山 (2018/06/10)

山の恵み 山菜を知ろう、達人から伝授
庄内で料理教室 山形・北月山

庄内町立谷沢の北月山荘で6月7日、山菜採りと料理の達人たちが指導するビギナー向けの教室が開かれ、6人が参加した。同山荘を拠点に活動する地域活性化グループ「やまぶどうの会」が主催した。
地元の山野に詳しい庄内町清川の板垣悟さんが、山荘近くの道路沿いなどに生えている山菜の見分け方などを紹介。同山荘内の主婦レストラン「やまぶどう」の小倉孝料理長が、山菜ごとの下処理の仕方とおひたしや煮物、天ぷらなど食べ方のコツを紹介した。同教室は14日も開かれる。参加料1千円(昼食・保険込み)。




nice!(0) 

八ツ場ダム 建設急ピッチ 群馬県長野原町

 Uploaded by SankeiNews 八ツ場ダム 建設急ピッチ 群馬県長野原町 (2018/06/14)

八ツ場ダム 建設急ピッチ 群馬県長野原町

新緑がまぶしい初夏の山あいに、灰色の巨大建造物が存在感を放つ。全容を現したのは群馬県長野原町で建設中の八ツ場(やんば)ダム。来年度中の完成を予定し、24時間体制で建設工事を行っている。

 完成予定のダムの堤高は116メートル、幅は291メートル。現在は約7割の高さまで工事が進んでいる。




nice!(1) 

関空にビジネスジェット専用施設 報道陣に公開

 Uploaded by SankeiNews 関空にビジネスジェット専用施設 報道陣に公開 (2018/06/14)

関空にビジネスジェット専用施設 報道陣に公開

関西エアポートは14日、関西国際空港に新設するビジネスジェット専用施設を報道陣らに公開した。15日に開業する。




nice!(0) 

平城京東院発掘調査で調理場と考えられる遺構が出土

 Uploaded by SankeiNews 平城京東院発掘調査で調理場と考えられる遺構が出土 (2018/06/12)

平城京東院発掘調査で調理場と考えられる遺構が出土

平城京東院発掘調査で初めて調理施設と見られる遺構が出土。調理をしたと考えられる火を使った痕跡などが見つかる。




nice!(0) 

シャンシャン1歳の誕生日を迎える 上野動物園

 Uploaded by SankeiNews シャンシャン1歳の誕生日を迎える 上野動物園 (2018/06/12)

シャンシャン1歳の誕生日を迎える 上野動物園

上野動物園のジャイアントパンダの子ども、シャンシャンが12日、1歳を迎えた。来園者には記念カードが配られた。観覧は並んだ順のため、午前9時半の開門前には長い列ができた。




nice!(0) 

ギャルみこしPRキャラバンが来社

 Uploaded by SankeiNews ギャルみこしPRキャラバンが来社 (2018/06/12)

ギャルみこしPRキャラバンが来社

7月24・25日の「天神祭」の前日に巡行する「ギャルみこし」の担ぎ手募集のPRのため、ミス天神橋の長宗光保さんらキャラバン隊が産経新聞大阪本社(大阪市浪速区)を訪れた。「わっしょい、わっしょい」の掛け声をあげて、お祭り気分をもりあげた。
応募の詳細などは「天神祭ギャルみこし」のウェブから




nice!(0) 

森ビルがお台場に新デジタルアート施設

 Uploaded by SankeiNews 森ビルがお台場に新デジタルアート施設 (2018/06/11)

森ビルがお台場に新デジタルアート施設

森ビルは東京・お台場にデジタル技術を駆使したアート作品を手がける「チームラボ」(東京)の作品を一堂に集めた常設施設「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM」を21日に開業するのを控え、11日に報道向け内覧会を開いた。




nice!(0) 

NEWS撮・家電リサイクルの今」兵庫県加東市のパナソニックエコテクノロジーセンター

 Uploaded by SankeiNews 「NEWS撮・家電リサイクルの今」兵庫県加東市のパナソニックエコテクノロジーセンター (2018/06/11)

「NEWS撮・家電リサイクルの今」
兵庫県加東市のパナソニックエコテクノロジーセンター

使用済み家電から資源回収を行うリサイクル工場「パナソニックエコテクノロジーセンター(PETEC)」。リサイクル率が90%に達するというエコの現場に迫りました。




nice!(0)