So-net無料ブログ作成

「道の駅とよとみ」に25のツバメの巣、愛らしいヒナが人気 山梨・中央市

 Uploaded by 朝日新聞社 「道の駅とよとみ」に25のツバメの巣、愛らしいヒナが人気 山梨・中央市 (2018/06/07)

「道の駅とよとみ」に25のツバメの巣、
愛らしいヒナが人気 山梨・中央市

山梨県中央市浅利の「道の駅とよとみ」では、ツバメが子育ての真っ最中。大勢の人が出入りする玄関やトイレの軒先に25の巣がある。にぎやかに頭上を飛び回る親鳥や、巣で口を開けてエサをねだるひなのほほ笑ましい姿に、訪れた人たちが足を止めて見入っている。
 ツバメが巣作りを始めたのは10年以上前。「ツバメは福を招く鳥」と歴代の駅長が温かく見守り、すっかり風物詩となった。巣は柱ごとにあり、大人が手を伸ばせば届く近さだ。
 道の駅が細心の注意を払うのは清潔に保つこと。1日に平日は800人、土日には1500人を超える観光客らが集う人気施設。地元で採れた野菜や肉などの生鮮食品を販売し、レストランもあるからだ。
 駅長で中央市農業振興公社職員の渡辺太郎さんは「フンの臭いがするようなことがあってはならない」と気を引き締める。渡辺駅長と職員は、ラミネート加工した紙でフン受けを作り、巣の下約20センチに取り付けた。それでも落下するフンがないとは言えず、頻繁に掃除もしている。渡辺駅長によると、ツバメは6月下旬ごろまで子育てをするという。




nice!(0) 

手塚治虫文化賞、野田サトルさんらにアトム像贈呈

 Uploaded by 朝日新聞社 手塚治虫文化賞、野田サトルさんらにアトム像贈呈 (2018/06/07)

手塚治虫文化賞、野田サトルさんらにアトム像贈呈

第22回手塚治虫文化賞(朝日新聞社主催)の贈呈式が6月7日、東京・築地の浜離宮朝日ホールであった。マンガ大賞「ゴールデンカムイ」の作者野田サトルさんに鉄腕アトムのブロンズ像と副賞200万円が、新生賞の板垣巴留(ぱる)さん、短編賞の矢部太郎さん、特別賞のちばてつやさんにもブロンズ像と100万円が贈られた。




nice!(0) 

ホンダジェット日本で販売 2019年前半、新型機投入

 Uploaded by KyodoNews  ホンダジェット日本で販売 2019年前半、新型機投入 (2018/06/06)

ホンダジェット日本で販売 2019年前半、新型機投入

ホンダは6日、日本で小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」を販売すると発表した。6日から受注を開始し、2019年前半をめどに納入を始める。販売する機種は新型の小型機「ホンダジェットエリート」で現在の価格は525万ドル(約5億7千円)。燃費の良さが特徴で、最大7人乗り。2661キロの飛行が可能となる。




nice!(0) 

老舗旅館棟続き社長宅火災 伊香保、71歳妻が軽傷

 Uploaded by KyodoNews  老舗旅館棟続き社長宅火災 伊香保、71歳妻が軽傷 (2018/06/05)

老舗旅館棟続き社長宅火災 伊香保、71歳妻が軽傷

5日午後9時ごろ、群馬県渋川市の伊香保温泉にある老舗旅館「千明仁泉亭(ちぎらじんせんてい)」が燃えていると消防に通報があった。県警によると、旅館と1階部分が棟続きになっている旅館社長、千明三右衛門(さん(79)の木造3階建ての自宅の2階部分より上をほぼ全焼して鎮火した。千明さんの妻(71)が軽傷、宿泊客にけが人はなかった。




nice!(0) 

「野球盤3Dエース」などが受賞 日本おもちゃ大賞

 Uploaded by KyodoNews  「野球盤3Dエース」などが受賞 日本おもちゃ大賞 (2018/06/05)

「野球盤3Dエース」などが受賞 日本おもちゃ大賞

日本玩具協会は5日、東京都内で、今年で11回目を迎える「日本おもちゃ大賞」を発表し、ボーイズ・トイ部門の「野球盤3Dエース モンスターコントロール」などが選ばれた。




nice!(1) 

雪解け水に巨大な“目玉" 八幡平のドラゴンアイ

 Uploaded by KyodoNews  雪解け水に巨大な“目玉" 八幡平のドラゴンアイ (2018/06/05)

雪解け水に巨大な“目玉" 八幡平のドラゴンアイ

岩手、秋田両県にまたがる八幡平(1613メートル)山頂付近の「鏡沼」に「八幡平ドラゴンアイ(竜の目)」が出現した。




nice!(0) 

新型新幹線、日中走行公開 JR東海、加速や揺れ確認

 Uploaded by KyodoNews  新型新幹線、日中走行公開 JR東海、加速や揺れ確認 (2018/06/05)

新型新幹線、日中走行公開 JR東海、加速や揺れ確認

JR東海は5日、東海道新幹線の新型「N700S」の試験走行を公開した。3月に夜間の走行試験を始めており、4日から日中の試験も始めた。




nice!(0) 

「豊かな海、次世代に」 海保創設70年式典

 Uploaded by KyodoNews  「豊かな海、次世代に」 海保創設70年式典 (2018/06/04)

「豊かな海、次世代に」 海保創設70年式典

海上保安庁創設70周年の記念式典が4日、東京都千代田区のホテルで開かれた。同庁の中島敏長官は「職員1万4千人が平和で豊かな海を次世代に継承する信念を持ち、国民の期待と信頼に応えたい」とあいさつ。天皇、皇后両陛下が臨席され、安倍晋三首相ら約300人が出席した。海上保安庁は1948年、密航や密輸の多発を背景に、海上での安全・治安を確保して人命・財産を保護するために設置された。




nice!(0) 

京都の舞妓、勢ぞろい 「都の賑い」合同けいこ

 Uploaded by KyodoNews  京都の舞妓、勢ぞろい 「都の賑い」合同けいこ(2018/06/04)

京都の舞妓、勢ぞろい 「都の賑い」合同けいこ

京都五花街の舞妓と芸妓が勢ぞろいし、舞を披露する合同公演「都の賑い」のけいこが4日、京都市東山区の宮川町歌舞練場で行われた。




nice!(0) 

カラテカ矢部さんが手塚治虫文化賞を授賞 先輩芸人と謙虚に会見

 Uploaded by 朝日新聞社 カラテカ矢部さんが手塚治虫文化賞を授賞 先輩芸人と謙虚に会見 (2018/06/07)

カラテカ矢部さんが手塚治虫文化賞を授賞
先輩芸人と謙虚に会見

第22回手塚治虫文化賞で、お笑いコンビ「カラテカ」の矢部太郎さんが短編賞を受賞した。6月7日、東京・築地の浜離宮朝日ホールで開かれた贈呈式を前に報道陣の取材に応じ、「漫画の神様の賞を受賞させて頂いて大変光栄です。こんなにうれしい気持ちになるのかというぐらい」と喜びを語った。
受賞作「大家さんと僕」は、矢部さんの体験を基にした実話漫画。矢部さんは東京都新宿区の戸建て住宅の2階に間借りして暮らしていて、1階に住む大家のおばあさんとの交流を柔らかなタッチで描く。都会では隣近所に住む人の顔もよく知らないのが珍しくない昨今だが、作中では家賃を手渡ししたり、お裾分けをもらったりする場面を活写。一昔前の下宿生活をほうふつとさせるようなやりとりが多くの共感を集めて30万部超のベストセラーとなった。
 取材には、作中に登場した人物のモデルとなった芸人のほんこんさん、板尾創路さん、石田靖さん、俳優の木下ほうかさんも同席して受賞を祝福した。先輩たちから「最近は調子にのっている」「印税はどうするんだ?」「今が頂点で後は落ちるだけやぞ」などといじられ、「謙虚に、細く長くやっていきたいです」と話して報道陣を笑わせた。




nice!(0) 

米朝会談前に蓮池薫さん語る 拉致解決の鍵は2つの備え

 Uploaded by 朝日新聞社 米朝会談前に蓮池薫さん語る 拉致解決の鍵は2つの備え (2018/06/07)

米朝会談前に蓮池薫さん語る 拉致解決の鍵は2つの備え

史上初の米朝首脳会談が6月12日に予定されている。昨年まで核やミサイルの実験を繰り返していた北朝鮮の急な態度の変化の背景には、何があるのか。非核化は進むのか。日本人拉致問題の一刻も早い解決に向けて、日本はどう対応していくべきか。拉致被害者の蓮池薫さんに話を聞いた。




nice!(0) 

USJでキャストが頭にけが 「ウォーターワールド」ショーの最中に接触

 Uploaded by 朝日新聞社 USJでキャストが頭にけが 「ウォーターワールド」ショーの最中に接触 (2018/06/07)

USJでキャストが頭にけが
「ウォーターワールド」ショーの最中に接触

大阪市消防局によると、6月7日午後、大阪市此花区の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)から、「アトラクションのショーの最中にキャスト同士が接触して、頭にけがをした」と市消防局に通報があった。20代男性が病院に搬送され、軽傷とみられるという。
 USJによると、アトラクション「ウォーターワールド」で、水上バイクで水上を走り回っていた男性に別の男性が飛びかかる場面で、2人がぶつかったという。この日は2回公演があり、事故で打ち切られた。アトラクションは、映画「ウォーターワールド」の世界を再現したもの




nice!(0) 

反戦反核訴えた画家・詩人の四国五郎さんの常設ギャラリー、郷里に

 Uploaded by 朝日新聞社 反戦反核訴えた画家・詩人の四国五郎さんの常設ギャラリー、郷里に (2018/06/07)

反戦反核訴えた画家・詩人の四国五郎さんの常設ギャラリー、郷里に

絵画や詩で反戦・反核を訴え、原爆投下直後の広島を舞台にした絵本「おこりじぞう」の挿絵でも知られる四国五郎さん(1924~2014)の初の常設ギャラリーが6月9日、郷里の広島県三原市にオープンする。
 同県のほぼ中央に位置する小さな集落、椋梨(むくなし)地区。5年前に廃校となった旧椹梨小学校の二つの教室(計70平方メートル)に「四國五郎ギャラリー」は開設される。
 四国さんは椋梨で10歳まで過ごし、広島市に移った。幼い頃から絵の才能を発揮し、画家を志したが20歳で徴兵され陸軍へ。終戦と同時にシベリアに3年間抑留された。復員し、三つ下の弟の被爆死を知る。それが、戦争反対を訴える創作活動につながった。
 広島市役所で働きながら、原爆詩人・峠三吉らと交流を深めた。50年代初めの言論統制下には、峠の詩に絵をつけた「辻詩(つじし)」と呼ばれるポスターをゲリラ的に街に貼り出すなどして反戦を訴えた。原爆の残忍さを描いた「おこりじぞう」(文・山口勇子)は、世代を超えて読み継がれる彼の代表作の一つだ。
 ギャラリーは、まちづくりを進める地元のNPO法人「ふるさとくわなし」が企画。遺族が、広島市内のアトリエに眠る油絵や写真など約100点を無償で貸し出す。




nice!(0) 

青いスイレンの花が開いた 高知県北川村の「モネの庭マルモッタン」

 Uploaded by 朝日新聞社 青いスイレンの花が開いた 高知県北川村の「モネの庭マルモッタン」 (2018/06/07)

青いスイレンの花が開いた
高知県北川村の「モネの庭マルモッタン」

高知県北川村の「モネの庭マルモッタン」で人気のある青いスイレンが6月6日、開花した。2000年の開園以来、青いスイレンは最も早い開花になった。梅雨空の下、涼やかな青い花が水面を彩った。この日、「水の庭」で咲いた花は1輪。花の直径は7センチほど。午前8時半ごろからゆっくり開き始めた。青いスイレンは、画家クロード・モネが夢見た花だ。




nice!(0) 

仕事あきらめた妻へ「悪いことした」山田洋次監督の悔恨

 Uploaded by 朝日新聞社 仕事あきらめた妻へ「悪いことした」山田洋次監督の悔恨 (2018/06/07)

仕事あきらめた妻へ「悪いことした」
山田洋次監督の悔恨

「男はつらいよ」をはじめ、日本の「家族」をテーマにした映画を撮り続けてきた山田洋次監督。一貫して根底にあるのは、寅さんの妹「さくら」の視点だそうです。山田監督は「主婦」や「嫁」という言葉に引っかかるといいます。自身の経験を踏まえ「家族」について聞きました。




nice!(0)