So-net無料ブログ作成

消えた旧吉津集落を訪ねる 京都・京丹後市

 Uploaded by 朝日新聞社 消えた旧吉津集落を訪ねる 京都・京丹後市 (2018/05/16)

消えた旧吉津集落を訪ねる 京都・京丹後市

京都府京丹後市の山奥に「吉津」と呼ばれる集落があった。戦後、約10軒の家があり50人ほどが暮らしていた。半世紀前に廃村となった集落を訪ねた。JR福知山駅前で車を借り、国道176号を北上して1時間半。丹後半島の付け根を横切るように走る府道53号線(網野岩滝線)をたどり、京丹後市弥栄町の等楽寺地区に着いた。田には早苗がなびき、せり上がる山々が連なる。このあたりから旧吉津集落へと至る道があるはずだ。案内表示はない。この道だろうか。手元の地図を見つつ、飛び込むようなつもりで山道に入った。
 幅は車1台分がやっと。急カーブの続く傾斜を上る。周囲は杉や竹が生い茂って薄暗い。道を間違ったな、と何度も思ったが、道路脇は絶壁続きで引き返せない。標高は400メートル付近に達している。山道に入って20分。「ふるさと 吉津の跡」と刻まれた石碑が突然、目の前に現れた。
 本当にこんな山奥に集落があったのか――。周囲は木々で覆われ、住居の跡は何もない。石碑近くの地蔵堂と神社に続く石段が、かろうじて人々の暮らしがあったことを示していた。石碑には「昭和四十二年末離村」と刻まれ、9人の男性の名前があった。




nice!(1) 

光る線描体験と所蔵展 富山県入善町の発電所美術館

 Uploaded by 朝日新聞社 光る線描体験と所蔵展 富山県入善町の発電所美術館 (2018/05/16)

光る線描体験と所蔵展 富山県入善町の発電所美術館

下山(にざやま)芸術の森発電所美術館(富山県入善町下山)が所蔵品展「発美展―輝く軌跡」を開いている。同美術館は、北陸電力旧黒部川第二発電所を改築した施設で、かつて使われていた導水管を利用したアート体験コーナー「光る線描」も楽しめる。

 発美展は、1995年の開館以来催してきた企画展を、所蔵作品を中心に25点の作品で振り返る。

 「光る線描」は、暗幕で覆って暗闇にした直径3メートルの導水管の中で、光を蓄える性質を持ったシートにペンライトで絵を描き、時間の経過とともに薄れていくはかない光のアートを体験する。




nice!(1) 

りんぺい先生の作って遊んでサイエンス 「スティック・サッカー」

 Uploaded by KyodoNews りんぺい先生の作って遊んでサイエンス 「スティック・サッカー」 (18/05/15)

りんぺい先生の作って遊んでサイエンス
「スティック・サッカー」

家にある道具や100円ショップで買える身近なものを使って簡単に作れる理科工作をしょうかいします。おしえてくれるのは、工作やアウトドア遊びにくわしい、かざまりりんぺい先生です。第51回目は、小さなボールをスティックではじいて試合する「サッカー・ゲーム盤」を作って、テーブルの上で友だちや家族と「ワールド・カップ気分」で遊ぼう!




nice!(0) 

国がスバル本社立ち入り データ改ざんで幹部聴取

 Uploaded by KyodoNews 国がスバル本社立ち入り データ改ざんで幹部聴取 (18/05/15)

国がスバル本社立ち入り データ改ざんで幹部聴取

国土交通省は16日、新車の燃費や排ガスの検査データを改ざんしていたSUBARU(スバル)本社(東京)を立ち入り検査した。国に提出した調査報告書について幹部から事情を聴き、事実関係や再発防止策の内容が適切かどうかを確認する。データ改ざんに先立って発覚した新車の無資格検査問題を含む一連の不正で、スバル本社への立ち入りは初めて。




nice!(0) 

半導体事業の売却方針維持 東芝会長「中国審査待つ」

 Uploaded by KyodoNews 半導体事業の売却方針維持 東芝会長「中国審査待つ」 (18/05/15)

半導体事業の売却方針維持 東芝会長「中国審査待つ」

東芝の車谷暢昭(くるまたに・のぶあき)代表執行役会長兼最高経営責任者(CEO)は15日、東京都内の東芝本社で記者会見し、中国当局による独禁法審査が遅れている半導体子会社「東芝メモリ」の売却について、「売却方針を維持する考えで、審査結果を待つ状況に変わりはない」と述べた。




nice!(0) 

危機的な財務状況を解消 2018年3月期連結決算で東芝社長

 Uploaded by KyodoNews 危機的な財務状況を解消 2018年3月期連結決算で東芝社長 (18/05/15)

危機的な財務状況を解消
2018年3月期連結決算で東芝社長

経営再建中の東芝が15日発表した2018年3月期連結決算は、純損益が8040億円の黒字と4年ぶりに黒字に転換した。




nice!(1) 

十二単の斎王代まぶしく 古都華やぐ葵祭

 Uploaded by KyodoNews 十二単の斎王代まぶしく 古都華やぐ葵祭 (18/05/15)

十二単の斎王代まぶしく 古都華やぐ葵祭

京都三大祭りの一つ、葵祭が15日、京都市で行われ、十二単をまとったヒロイン「斎王代」らの華やかな王朝行列が都大路を練り歩いた。




nice!(0) 

将棋界の竜馬、うれしい昇段 谷川九段唯一の弟子

 Uploaded by 朝日新聞社 将棋界の竜馬、うれしい昇段 谷川九段唯一の弟子 (2018/05/15)

将棋界の竜馬、うれしい昇段 谷川九段唯一の弟子

将棋の都成竜馬五段が4月16日、大阪市の関西将棋会館であった免状授与式で五段の免状を受け取った。2017年度の第76期名人戦・C級2組順位戦で8勝2敗の好成績を収め、藤井聡太六段、増田康宏五段とともにC級1組に昇級し、規定により昇段した。




nice!(0) 

熊本城 石垣の復旧現場を公開

 Uploaded by 朝日新聞社 熊本城 石垣の復旧現場を公開 (2018/05/15)

熊本城 石垣の復旧現場を公開

2016年の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城天守閣の復旧現場が5月15日、報道陣に公開された。小天守では石垣の解体が進んで鉄筋コンクリート製の基礎部分がむき出しになり、門扉が取り残されたようになっていた。




nice!(0) 

強盗事件があった西武信用金庫西荻窪支店

 Uploaded by 朝日新聞社 強盗事件があった西武信用金庫西荻窪支店 (2018/05/15)

強盗事件があった西武信用金庫西荻窪支店

5月16日午前7時55分ごろ、東京都杉並区西荻南3丁目の西武信用金庫西荻窪支店で、出勤してきた男性支店長が従業員用出入り口から支店内に入ろうとしたところ、男にバールのようなもので頭を数回殴られた。警視庁によると、支店長は「金を出せ」などと脅されて金庫室に押し込まれ、現金約1100万円を渡したと説明しているという。男は逃走しており、同庁が強盗の疑いで行方を追っている




nice!(1) 

2013年の台風で倒壊した大見の思子淵神社が再建

 Uploaded by 朝日新聞社 2013年の台風で倒壊した大見の思子淵神社が再建 (2018/05/15)

2013年の台風で倒壊した大見の思子淵神社が再建

京都市最北端にある山里・左京区で鯖街道(京都―若狭)ルートにあり、今は「無住」地区になっている大原大見町での出来事をお伝えします。大見集落では、2013年9月の台風で、思子淵(しこぶち)神社の社殿が倒壊。再建を目指す元住民に、集落の再生を目指す「大見新村プロジェクト」のメンバーたちが協力し、4年半ぶりに社殿を再建しました。




nice!(1) 

「天空の要塞」若松鉱山跡

 Uploaded by 朝日新聞社 「天空の要塞」若松鉱山跡 (2018/05/15)

「天空の要塞」若松鉱山跡

「天空の要塞(ようさい)」と呼ばれる鳥取県日南町の若松鉱山跡。かつてクロム鉱石の産地として日本の製鉄業を支えた国認定の近代化産業遺産だ。立ち入り禁止だが、事前申請すれば案内付きで見学が可能。先月下旬、中国山地の奥深くに眠る廃鉱を探検した。
 案内役は日南町企画課の古川則仁さん。町役場から国道を車で進み、鉱山跡に向かう脇道に入る。途中から徒歩で山道を上り、しばらくすると山腹に張り付くように建てられた赤茶色の鉱山施設があらわれた。
 最初に入ったのは機械選鉱場。鉱石を選別する機械が整然と並ぶ。朽ちたトタン屋根の隙間から漏れる光が、さびついた機械の表面を照らしていた。
 クモの巣や踏み抜きそうな床板を避けながら、さらに奥深くへ潜入。ベルトコンベヤーや圧縮機などの重厚な機械が好奇心をくすぐる。最後にたどり着いたのは鉱務所。電話機やカレンダーが残り、壁には「安全は命掛けより心がけ」などの標語が掲げられたままだった。
 古川さんによると、操業当時の姿をとどめた廃鉱は貴重で、最近は「廃虚好き」を案内することも多いという。「古い鉱山機械の美しさや廃虚のワクワク感にひかれるのでしょう」
 明治後期に操業を始めた若松鉱山。クロム鉱石の産出量で日本一を誇った。クロム鉱石は製鉄炉の壁に使われる耐火れんがの材料で、近代日本の製鉄業に欠かせない存在だった。




nice!(0)