So-net無料ブログ作成

金井宣茂さん、宇宙で語る「日本の存在感示せた」実験や船外活動の現場を報告

 Uploaded by SankeiNews 金井宣茂さん、宇宙で語る「日本の存在感示せた」実験や船外活動の現場を報告 (2018/03/22)

金井宣茂さん、宇宙で語る「日本の存在感示せた」
実験や船外活動の現場を報告

国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している宇宙飛行士の金井宣茂さん(41)が、産経ニュースの読者に宇宙から動画のメッセージを寄せた。
 金井さんは日本実験棟「きぼう」で、実験の内容や意義を解説。医薬品開発に役立てるためタンパク質の結晶を作る実験や、棟内を浮かんで移動する小型無人機(ドローン)の「イントボール」について分かりやすく紹介した。
 先月中旬、約6時間に及ぶ船外活動でロボットアームの部品を交換したことについて「日本の存在感を示すことができた」と振り返るなど、宇宙での充実した活動内容を報告している。
 金井さんは1月、宇宙でつづった初の手記を産経新聞に寄稿。手記と動画のメッセージは、いずれも6月の帰還までに続編を予定している。



nice!(1) 

注染の手ぬぐいづくり 大阪・堺

 Uploaded by SankeiNews 注染の手ぬぐいづくり 大阪・堺 (2018/03/22)

注染の手ぬぐいづくり 大阪・堺

大阪に伝わる染織技法「注染」の春夏向け手ぬぐい生産が堺市中区の染色会社「ナカニ」で行われており、乾燥室では7㍍の高さに干されたカラフルな手ぬぐいがふわふわと揺らめいている。



nice!(0) 

モルディブで人工島の拡張工事 海面上昇の対策

 Uploaded by 朝日新聞社 モルディブで人工島の拡張工事 海面上昇の対策 (2018/03/21)

モルディブで人工島の拡張工事 海面上昇の対策

インド南端から南西に約600キロ、世界的なリゾート地で知られるモルディブ首都マレの北東で、人工島「フルマーレ」の拡張工事が進んでいる。島の広さを2倍にし、2050年ごろまでに集合住宅や商業施設を整備して、最大24万人が住めるようにする大プロジェクトだ。マレの現人口の2倍近く、国全体の約3分の2にあたる。念頭にあるのは、地球温暖化による海面上昇で、移住を迫られる人たちが出てくることだ。
 もともとは過密化したマレからの移住地としてつくられた。1997年からの第1期工事は7年で終え、いま約4万人がくらす。第2期にあたる拡張工事が始まったのは3年前。埋め立ては終わり、まず約7千戸分の集合住宅づくりが進む。
 海抜1メートルのマレに対し、フルマーレは2メートルと高くした。約1200の島からなる国土の8割が海抜1メートル未満。国連の「気候変動に関する政府間パネル」の報告書によると、温暖化が最も進んだ場合、50年ごろには世界平均で30センチ前後の海面上昇が予測されている。




nice!(0) 

高知市で68年営業 「門田精肉店」が閉店へ

 Uploaded by 朝日新聞社 高知市で68年営業 「門田精肉店」が閉店へ (2018/03/21)

高知市で68年営業 「門田精肉店」が閉店へ

高知市中心部のひろめ市場前で68年営業してきた「門田精肉店」が4月上旬に閉店する。食肉加工を一人で担う職人が高齢を理由に退職することや、和牛の仕入れ値高騰が理由。門田有剛社長は「肉の味が落ちたり、値上げしたりして迷惑をかける前にやめようと考えた」と話す。




nice!(0) 

将棋の藤井六段 糸谷八段との対局始まる

 Uploaded by 朝日新聞社 将棋の藤井六段 糸谷八段との対局始まる (2018/03/21)

将棋の藤井六段 糸谷八段との対局始まる

最年少で六段に昇った将棋のプロ棋士、藤井聡太六段(15)が22日、第66期王座戦(日本経済新聞社主催)の二次予選で、糸谷哲郎八段(29)と対局している。勝者は挑戦者決定トーナメントに進出する、節目の一局だ。




nice!(0) 

稲葉八段を破り名人挑戦権を獲得した羽生竜王

 Uploaded by 朝日新聞社 稲葉八段を破り名人挑戦権を獲得した羽生竜王 (2018/03/21)

稲葉八段を破り名人挑戦権を獲得した羽生竜王

将棋の羽生善治竜王が、史上最多の6人によるプレーオフとなったA級順位戦を勝ち抜き、佐藤天彦名人への挑戦権を獲得した。羽生竜王は3期ぶりの名人獲得を目指す。




nice!(0) 

作って楽しい 見てカワイイ 埴輪王国和歌山

 Uploaded by 朝日新聞社 作って楽しい 見てカワイイ 埴輪王国和歌山 (2018/03/21)

作って楽しい 見てカワイイ 埴輪王国和歌山

埴輪と聞くと何を思い浮かべますか? 歴史の授業で習った、古墳時代につくられた……と答えたあなた、埴輪は過去だけのものではありません。和歌山では、今も一般市民の手によって新たな埴輪が続々と生まれています。




nice!(1) 

「山村に活気を」で30年 ひな人形3万体 徳島・勝浦

 Uploaded by 朝日新聞社 「山村に活気を」で30年 ひな人形3万体 徳島・勝浦 (2018/03/21)

「山村に活気を」で30年
ひな人形3万体 徳島・勝浦

30回目を迎えた「ビッグひな祭り」が徳島県勝浦町で開かれている。家庭で飾らなくなったひな人形が全国から寄せられ、町中を彩っている。「山村に活気を」と住民が始めた催し。1千体ほどだった人形は人口の約6倍の3万体に増えた。主会場に入りきらず、一部は民家などにも飾られている。「勝浦」つながりで和歌山県那智勝浦町や千葉県勝浦市などにも広がったビッグなひな祭り。住民代表は「おひな様の縁をさらに大きく広げていければ」。4月8日まで。




nice!(1) 

【高校野球】ヒーローからの伝言 矢野燿大さん

 Uploaded by 朝日新聞社 【高校野球】ヒーローからの伝言 矢野燿大さん (2018/03/20)

【高校野球】ヒーローからの伝言 矢野燿大さん

2018年夏、全国高校野球選手権大会が第100回を迎えます。記念の企画として、これまで大阪大会に出場し、その後活躍した「ヒーロー」たちに、当時の思い出や現役の球児らに向けたメッセージをうかがいました。




nice!(0) 

鏡の迷路や吹きガラス体験が楽しめる「ガラスの里」 広島市

 Uploaded by 朝日新聞社 鏡の迷路や吹きガラス体験が楽しめる「ガラスの里」 広島市 (2018/03/20)

鏡の迷路や吹きガラス体験が楽しめる「ガラスの里」 広島市

どこもかしこもガラス、ガラス、ガラス。お城に体験工房、博物館まで。そんなレジャー施設が広島市安佐北区にある。名前もずばり「ガラスの里」。
博物館にはガラス工芸の歴史をたどることができる作品が並ぶ。底部がきつねの顔のような形をした飲酒用の器「リュトン」は1世紀ごろ作られ、シリアで出土したもの。そのほか昭和時代までの食器や瓶、杯などがずらり。また城の中では「鏡の迷路」や目の錯覚を利用して水滴が上下するように見える噴水が目を引く。
敷地内の複数の工房では計10種以上の工芸体験もできる。




nice!(0) 

クスノキ引っ越し 長生きしてね

 Uploaded by 朝日新聞社 クスノキ引っ越し 長生きしてね (2018/03/20)

クスノキ引っ越し 長生きしてね

京都府八幡市の木津川左岸堤防にあった高さ約18メートルのクスノキが3月20日、宇治川などとの合流地点にある背割堤の先端に移植された。樹齢は推定100年以上で、20年以上前に市の「ふるさとの木」に指定されている。国土交通省が付近の堤防強化工事が必要として、2014年に伐採方針を地元に提示。周辺住民が工事推進を要望する一方、クスノキの保存を求める声も出たため移植を決めた。




nice!(0) 

いま東北へ 防波堤に囲まれた岩手・宮古市の異人館

 Uploaded by 朝日新聞社 いま東北へ 防波堤に囲まれた岩手・宮古市の異人館 (2018/03/20)

いま東北へ 防波堤に囲まれた岩手・宮古市の異人館

震災前は風光明媚な景観が自慢だった海辺の喫茶店「異人館」。いまは防潮堤に囲まれ海が見えないながらも営業を続けている




nice!(0) 

ミッキーマウスとミニーマウス、滋賀県知事を表敬訪問

 Uploaded by 朝日新聞社 ミッキーマウスとミニーマウス、滋賀県知事を表敬訪問 (2018/03/20)

ミッキーマウスとミニーマウス、滋賀県知事を表敬訪問

東京ディズニーリゾートが4月15日で開園35周年を迎えるのを前に、ミッキーマウスとミニーマウス、アンバサダー(親善大使)の福本望さんが3月20日、滋賀県庁に三日月大造知事を表敬訪問した。東京ディズニーリゾートは1983年4月15日にオープンした。ミッキーらは35年の感謝と、4月15日からの35周年イベントのPRを兼ねて2018年1月から全国各地を回っており、滋賀県は26カ所目。




nice!(0) 

小川原湖への燃料タンク投棄問題で国が「安全宣言」 米軍三沢基地司令官らがしじみやシラウオ食べる

 Uploaded by 朝日新聞社 小川原湖への燃料タンク投棄問題で国が「安全宣言」 米軍三沢基地司令官らがしじみやシラウオ食べる (2018/03/20)

小川原湖への燃料タンク投棄問題で国が「安全宣言」
米軍三沢基地司令官らがしじみやシラウオ食べる

米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が小川原湖(同県東北町)に燃料タンク2本を投棄した問題で、国は3月20日、湖の水や魚介類の調査で異常は見られなかったとして、「安全宣言」を出した。これを受け、小川原湖漁協は投棄直後から続けてきた禁漁を解き、22日からシジミ漁を再開することを決めた。




nice!(0) 

障害者とアーティストによる創作活動を発表 高松市で報告展覧会

 Uploaded by 朝日新聞社 障害者とアーティストによる創作活動を発表 高松市で報告展覧会 (2018/03/20)

障害者とアーティストによる創作活動を発表
高松市で報告展覧会

高松市内の障害者施設にアーティストを派遣する「障がい者アートリンク事業」の報告展覧会が、同市常磐町の瓦町FLAGで開かれた。
瀬戸内国際芸術祭をきっかけに始まった事業。4年目の今年度は、市内10カ所の施設に7人のアーティストが通い、創作活動をしてきた。
 展示室には、刺繡やフェルトのマスコットなどで装飾したオリジナルTシャツや、大きなうどん鉢の陶芸作品、絵画作品などが並ぶ。3月10日には、言葉やしぐさで物語を表現したダンスや、オリジナルの歌詞の歌と演奏のパフォーマンスもあった。




nice!(1) 

がん闘病の日々、感謝の思い込め冊子に

 Uploaded by 朝日新聞社 がん闘病の日々、感謝の思い込め冊子に (2018/03/20)

がん闘病の日々、感謝の思い込め冊子に

広島県福山市立大成館中学校の校長を務めていた友道健氏さんが2018年2月、1年間に及ぶがん闘病の日々を冊子にまとめた。「生きたい」という強い決意がにじむ一冊には苦しい治療を支えた家族や友人たちへの感謝を込めている。




nice!(0) 

【高校野球】ヒーローからの伝言 松井稼頭央さん

 Uploaded by 朝日新聞社 【高校野球】ヒーローからの伝言 松井稼頭央さん (2018/03/20)

【高校野球】ヒーローからの伝言 松井稼頭央さん

2018年夏、全国高校野球選手権大会が第100回を迎えます。記念企画として、これまで大阪大会に出場し、その後活躍した「ヒーロー」たちに、当時の思い出や現役の球児らに向けたメッセージをうかがいました。




nice!(0)