So-net無料ブログ作成

色づき始めたイチョウ

 Uploaded by SankeiNews 色づき始めたイチョウ (2017/11/07) 

色づき始めたイチョウ

大阪市鶴見区の花博記念公園鶴見緑地でイチョウが色づき始め、訪れた家族連れらを魅了している。




nice!(1) 

防災最前線「時間と闘い 空から救う命」

 Uploaded by SankeiNews 防災最前線「時間と闘い 空から救う命」 (2017/11/06) 

防災最前線「時間と闘い 空から救う命」

急速に普及が進む防災ヘリやドクターヘリ。移動しにくい場所でも機動力を発揮する。救難・救助や救命救急の現場で活躍するヘリと、限られた時間の中で奮闘するする人々に迫った。




nice!(0) 

うめきたガーデン「クリスマスガーデンナイト」の準備が進む

 Uploaded by SankeiNews うめきたガーデン「クリスマスガーデンナイト」の準備が進む (2017/11/06) 

うめきたガーデン
「クリスマスガーデンナイト」の準備が進む

大阪の玄関口に広がる都会の花畑「うめきたガーデンFINAL」(大阪市北区)で、10日にオープンする「クリスマスガーデンナイト」を前に、クリスマスツリーのライトアップや、クリスマスカラーのシクラメンやポインセチアが植えられるなど、準備が着々と進んでいる。     BGM:MusMus




nice!(0) 

王権支えた人々の墓域か 纒向遺跡から発掘

 Uploaded by SankeiNews 王権支えた人々の墓域か 纒向遺跡から発掘 (2017/11/06) 

王権支えた人々の墓域か 纒向遺跡から発掘

邪馬台国の有力候補地とされる奈良県桜井市の纒向遺跡で、王権を支えた人たちの墓とみられる方形周溝墓3基(3世紀)が新たに見つかり6日、同市纒向学研究センターが発表した。




nice!(0) 

潜水艦「しょうりゅう」命名・進水式

 Uploaded by SankeiNews 潜水艦「しょうりゅう」命名・進水式 (2017/11/05) 

潜水艦「しょうりゅう」命名・進水式

潜水艦「しょうりゅう」命名・進水式が神戸市中央区の川崎重工の第1船台で行われた




nice!(0) 

関東鉄道 関鉄レールメイト4期生を任命

 Uploaded by SankeiNews 関東鉄道 関鉄レールメイト4期生を任命 (2017/11/05) 

関東鉄道 関鉄レールメイト4期生を任命

関東鉄道(茨城県土浦市、関鉄)の常総、竜ケ崎両線をPRするマスコットレディー「関鉄レールメイト」の4期生3人の任命式が3日、水海道車両基地(同県常総市水海道高野町)で行われた。
4期生に任命されたのは、筑西市の公務員、絹川さらささん(24)▽横浜市のイラストレーター、寺原ゆめかさん(22)▽龍ケ崎市の塾講師、竜崎舞依さん(23)。いずれも駅名や沿線にちなんだ名前が付けられた。任期は11月から1年間で、騰波ノ江(とばのえ)駅舎内の「とばのえステーションギャラリー」(茨城県下妻市)を拠点に活動し、イベント参加や絵本の読み聞かせもしていく。
3人は濃紺のワンピース姿で式典に登場し、レールメイト3期生から帽子を受け取った。絹川さんは「筑西市に住んでいるので街のPRもしていきたい」、寺原さんは「鉄道の活性化に向けて頑張りたい」、竜崎さんは「龍ケ崎市の魅力を伝えられるようにしたい」とそれぞれ抱負を語った。
関鉄レールメイトは、鉄道愛好家でつくる「関鉄レールファンCLUB」(十文字義之会長)が関鉄と連携して進める活性化事業の一環。18~30歳の女性を対象とした一般公募で選出している。
任命式のこの日は車両基地が一般公開され、気動車との綱引きや人気車両の展示、グッズ販売などで多くの鉄道ファンらが訪れた。




nice!(0) 

きっかけ食堂「食と農林漁業大学生アワード2017」に挑戦

 Uploaded by SankeiNews きっかけ食堂「食と農林漁業大学生アワード2017」に挑戦 (2017/11/05) 

きっかけ食堂「食と農林漁業大学生アワード2017」に挑戦

東日本大震災の被災地支援で月命日の毎月11日、京都市内で東北産の食材を使った「きっかけ食堂」を運営し、被災地復興や防災に関心を持ってもらう活動を続けている京都の学生が4日、東京・丸の内で「食と農林漁業大学生アワード2017」のファイナリストとしてプレゼンテーションを行った。
 農水省が主催する取り組みで、食と農林漁業に関わる活動を行っている大学生グループから最も優秀な団体に農林水産大臣賞が贈られる。
 「きっかけ食堂」は平成26年に立命館大の学生3人が店長となり始められ、3月の卒業後、2代目店長となった京都女子大3年の奥田晴香さんらによって運営が続けられ、東北や熊本地震の被災地の食材を現地から仕入れ、食を通じて関西地区でも防災意識を高める活動を続けている。
 農林水産大臣賞は熊本地震で被災した農家とともに復興に携わる「東海大学チャレンジセンター阿蘇援農コミュニティープロジェクト」が受賞。きっかけ食堂の受賞はならなかった。
 奥田店長は「悔しさはあるが、挑戦したことに後悔はありません。みんなで活動に向き合い続け、賞よりすてきなものを手に入れた。」。と今後の活動を見据えていた。




nice!(1) 

鳴門沖でボート転覆

 Uploaded by SankeiNews 鳴門沖でボート転覆 (2017/11/05) 

鳴門沖でボート転覆

2017年11月6日撮影。同日午前7時20分ごろ、徳島県鳴門市の沖で、「プレジャーボートが転覆している」と118番通報があった。徳島海上保安部によると、50~70代の男性4人が救助され、病院に搬送された。うち2人が死亡、残る2人は意識があるといい、転覆したボートは同市の港に曳航された。




nice!(1)