So-net無料ブログ作成

ちょっと贅沢!欧州列車旅行=感動のスイス横断、モントルー

 Uploaded by 時事通信社/JIJIPRESS ちょっと贅沢!欧州列車旅行=感動のスイス横断、モントルー (2017/9/15)

ちょっと贅沢!欧州列車旅行=
感動のスイス横断、モントルー


スイス周遊シリーズで最後を飾るのは、スイス最大の湖で、その美しい景観から数々の観光地を有するレマン湖。インターラーケンで乗車した観光列車「ゴールデンパス・ライン」で、ほとりの街モントルーへ向かう。

 モントルーは、レマン湖の周辺で最も景色と気候と良いとされる風光明媚な街。世界最大級のジャズフェスティバルが毎年開催され、この地にゆかりのある英有名ロックバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーの像が建つ。

 中心地から15分ほど、湖に突き出す優美な建物「シヨン城」に足を運ぶ。英詩人バイロンの作品「シヨンの囚人」は、この城が舞台。かつて訪れたバイロンのサインが、今でも城内に刻まれている。

 レマン湖のほとりは、ワインの名産地。ラヴォー地区のブドウ畑は2007年、世界文化遺産に登録された。地区を走り抜ける「ワイントレイン」に乗車し、丘の斜面に造られたブドウ畑と湖が織り成す絶景を堪能。その後、列車を降り、畑の中を巡っていく。

 最後は、モントルーからフェリーに乗り、国際オリンピック委員会の本部があるローザンヌに移動。船から望むラヴォーは、夕焼けで赤く染まり、昼間とは一味違う鮮やかな姿を見せる。ローザンヌからは、列車で終着地のジュネーブへ向かう。




nice!(0) 

城下町 豪快に駆ける 岸和田だんじり祭

 Uploaded by KyodoNews 城下町 豪快に駆ける 岸和田だんじり祭 (2017/09/15)

城下町 豪快に駆ける 岸和田だんじり祭

大阪府岸和田市の伝統行事「岸和田だんじり祭」が16日始まった。雨の中、「ソーリャ、ソーリャ」の掛け声とともに法被姿の男たちが引くだんじり34台が、早朝の城下町を豪快に駆け抜けた。最大の見せ場は勢いを付けたまま直角に回り込む「やりまわし」。




nice!(1) 

マツダ、新型SUV「CX-8」発表=3列シート、最大トルク450Nm発揮

 Uploaded by 時事通信社/JIJIPRESS マツダ、新型SUV「CX-8」発表=3列シート、最大トルク450Nm発揮 (2017/9/14)

マツダ、新型SUV「CX-8」発表=
3列シート、最大トルク450Nm発揮


マツダは14日、新型のスポーツ用多目的車(SUV)「CX-8」を東京都内で発表した。3列シートを備え、6人乗りと7人乗りを設定。最大トルク450Nmを発揮する排気量2.2リットルのディーゼルエンジンを搭載し、大人数でも力強い走りを実現した。販売は12月14日から。
 マツダが国内で販売するSUVとして、最上位のモデルとなるCX-8。全面改良し、今年2月に販売を開始した「CX-5」の3列シート版として登場した。全長は35センチほど長く、3列目の座席は身長170センチの大人でも快適に過ごせる広さとした。
 エンジンは、CX-5にも搭載されるディーゼルターボを15馬力パワーアップし、最高出力190馬力に、最大トルクは450Nmに引き上げた。車重は増加したが、前輪駆動モデルで軽油1リットル当たりの燃費は、17.6キロ(JC08モード)にとどめた。
 走行面では、ステアリングの操作に応じて、エンジントルクを制御し、車両の安定性を図る機能を標準装備。安全性能も充実し、車両の4カ所に備えたカメラ映像により、危険回避をサポートするシステムや、交通標識を読み取り、モニターに表示する機能なども用意した。
 価格は319万6800~419万400円。目標の販売台数は月間1200台。




nice!(0) 

トヨタ、新型「ハイラックス」発表=13年ぶりの復活、タイから逆輸入

 Uploaded by 時事通信社/JIJIPRESS トヨタ、新型「ハイラックス」発表=13年ぶりの復活、タイから逆輸入 (2017/9/12)

トヨタ、新型「ハイラックス」発表=
13年ぶりの復活、タイから逆輸入


トヨタ自動車は12日、新型ピックアップトラック「ハイラックス」を東京都内で発表した。2004年に販売を終了して以来、日本市場では13年ぶりの復活。タイの工場で生産した車両を逆輸入する。

 ハイラックスは初代が1968年に発売され、約180の国・地域で累計1730万台を販売。未舗装路が多い海外で高い人気を誇っている。8代目となる最新モデルは、2.4リッターディーゼルを搭載し、最大トルクは400Nm、最大出力は150馬力を発揮。軽油1リッター当たりの燃費は11.8キロを達成した。

 荷台部分は、床面幅が最長で1メートル50センチを超え、最大積載量は500キロに及ぶ。駆動方式は、パートタイム4WDを採用。ダイヤル操作で容易に切り替えでき、4輪駆動モードは、悪路や砂地向けと、ぬかるみや急坂用の2種類を備えた。

 このほか、脱輪やスリップした際に活用できるシステムや、下り坂で安定した走行をサポートする機能を用意。衝突回避支援などの安全機能も充実させた。

 この日は試乗会も開催され、ラフロードをイメージしたコースで、ハイラックスの高い走破性が披露された。

 価格は326万7000円~374万2200円(税込み)。年間の目標販売台数は2000台。




nice!(0) 

探幽作の釈迦像と裏付け 京都 きょうから初公開

 Uploaded by KyodoNews 探幽作の釈迦像と裏付け 京都 きょうから初公開 (2017/09/15)

探幽作の釈迦像と裏付け 京都 きょうから初公開

聖護院門跡(京都市左京区)所蔵の「釈迦三尊像」が、江戸時代の絵師狩野探幽(1602~74年)の真筆の可能性が高いと専門家による調査で裏付けられ、15日に報道陣に公開された。16日から同寺で一般向けに初公開される。




nice!(0) 

世界体操へ女子が合宿公開 床は器具への対応が課題

 Uploaded by KyodoNews 世界体操へ女子が合宿公開 床は器具への対応が課題 (2017/09/15)

世界体操へ女子が合宿公開 床は器具への対応が課題

体操の世界選手権(10月・モントリオール)女子日本代表の4人が15日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターでの強化合宿を一部公開した。合宿では本番と同じ海外メーカーの器具を使用、対応が課題になる。村上茉愛(日体大)は非公開だった試技会後の練習で床運動の動きを念入りに確認した。村上と同じく床運動を得意とする宮川紗江(セインツク)は「合わせることができてきた。(状態は)上がってきている」と話した。宮川は左足首、杉原愛子(朝日生命)は右肘を故障していたが、非公開の試技会ではしっかりと演技を通したという。




nice!(0) 

執念のメダルとプロ宣言 マラソン 有森裕子さん

 Uploaded by KyodoNews 執念のメダルとプロ宣言 マラソン 有森裕子さん (2017/09/15)

執念のメダルとプロ宣言 マラソン 有森裕子さん

有森裕子さん(50)は女子マラソンで1992年バルセロナが銀、96年アトランタが銅と五輪2大会連続のメダルを獲得した。2度目の五輪で語った「初めて自分で自分を褒めたい」は流行語にもなった。「ただ者で終わりたくない」が信条。プロ宣言して肖像権の自由な使用に道を開くなど積極的な活動を続け、98年に特定非営利活動法人「ハート・オブ・ゴールド」を、2002年にマネジメント会社「ライツ(権利の意味)」を設立してさまざまな支援をしている。現役最後のレースは07年の東京マラソン。最高タイムは2時間26分39秒。




nice!(1) 

JAXA 気候変動観測衛星「しきさい」を公開

 Uploaded by SankeiNews JAXA 気候変動観測衛星「しきさい」を公開 (2017/09/15)

JAXA 気候変動観測衛星「しきさい」を公開

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、気候変動観測衛星「しきさい」を公開した。

衛星の本体は高さ4.7メートル、幅2.6メートル、奥行き2.6メートル、重量は2トン。本年度中に打ち上げ、予定高度800キロを周回する。




nice!(0) 

プレミアムシート 文楽人形遣い、吉田幸助

 Uploaded by SankeiNews プレミアムシート 文楽人形遣い、吉田幸助 (2017/09/13)

プレミアムシート 文楽人形遣い、吉田幸助

吉田幸助(よしだ・こうすけ) 昭和41年2月17日、大阪府出身。55年、父の二代目吉田玉幸に入門、吉田幸助と名乗る。56年、大阪・朝日座で初舞台。立役の人形遣いとして活躍。平成18年度の「咲くやこの花賞」、23年、大阪文化祭賞奨励賞など。




nice!(0)