So-net無料ブログ作成

涼風、遺産の贈り物 「博多風鈴」作り、始まる

 Uploaded by 朝日新聞社  涼風、遺産の贈り物 「博多風鈴」作り、始まる (2019/06/09)

涼風、遺産の贈り物 「博多風鈴」作り、始まる

福岡県宗像市の吹きガラス工房「粋工房」では、夏の風物詩「博多風鈴」作りが始まった。昔ながらの涼しげな音を奏でるガラスの風鈴は近年、ネット通販を通じて若い世代にも人気があるという。
 同工房では2017年、同市の世界遺産・沖ノ島の沖で採れた塩を原料に調合して作った赤い色のガラス「沖ノ島朱」を開発。今年からこの色を使った風鈴を制作した。職人の森田菜生さんは「一言で『あか』とは言えない色で、濃淡の差で立体的に見えるので気に入っている」という。風鈴は一つ3500円(税別)で、約200個制作する予定。




nice!(0) 

nice! 0