So-net無料ブログ作成

豊臣大坂城の大名屋敷跡が初出土

 Uploaded by SankeiNews 豊臣大坂城の大名屋敷跡が初出土 (2019/03/20)

豊臣大坂城の大名屋敷跡が初出土

最晩年の豊臣秀吉が大坂城筑城の仕上げに整備した大名屋敷群の一つとみられる大型建築物跡が出土し、大阪府文化財センターが20日発表した。付近から出土した瓦の紋などから、豊臣政権6大将の一人とも呼ばれた佐竹義宣の屋敷跡と推定される。
 大型建物跡は東西約20メートル、南北約15メートルで100坪を超える広さ。23日には現地説明会がある。




nice!(1) 

nice! 1