So-net無料ブログ作成

完全自動飛行ドローンなどICT農機を実演

 Uploaded by 朝日新聞社 完全自動飛行ドローンなどICT農機を実演 (2019/03/02)

完全自動飛行ドローンなどICT農機を実演

農業に携わる人材不足が深刻化するなか、ICT(情報通信技術)を活用した農機が増えている。JA全農岐阜はこのほど、岐阜県関市内で関係者向けに実演会を開いた。
 実演されたのは4種類。直進アシストシステムを備えた田植え機は、開始点と終了点の2点を事前に登録すると、2点間を直進する動きをGPSがアシストしてくれる。
 リモコン式自走草刈り機は、200メートル離れた場所から遠隔操作が可能で、最大傾斜40度の斜面を前後進して草を刈ることができる。無人のロボットトラクターもリモコン操作が可能だ。別の有人トラクターと同時に作業することで生産性の向上が期待できるという。
 また、農業用のドローンは、ホバリングして農薬を散布し、元の位置に戻るまでを自動で終える完全自動飛行型。縦1・8メートル、横1・2メートルと大型だが、田畑の四隅を機械に登録するだけで散布範囲を設定できる。




nice!(1) 

nice! 1