So-net無料ブログ作成

米空軍CV22オスプレイ配備 日米同盟の抑止力・対処力を強化

Uploaded by SankeiNews 米空軍CV22オスプレイ配備 日米同盟の抑止力・対処力を強化 (2018/10/03)

米空軍CV22オスプレイ配備
日米同盟の抑止力・対処力を強化

米空軍の垂直離着陸輸送機オスプレイ5機が米軍横田基地(東京都福生=ふっさ=市など)に正式配備されたことは、日本やアジア太平洋地域の安定に対する米国の意思を示すもので、日米同盟の抑止力や対処力の強化にもつながるとの期待を集めている。

■防衛相、配備を歓迎
 「安全保障環境が厳しさを増す中、高い性能を有するCV22の配備は日本の防衛に資する」
 岩屋毅(たけし)防衛相は2日の記者会見でこう述べ、CV22の配備を歓迎した。
 菅義偉(すが・よしひで)官房長官も3日の記者会見で「日米同盟の抑止力、対処力を向上させ、日本の防衛、アジア太平洋地域の安定に資する」と期待を示した。

 CV22は米空軍特殊部隊の輸送を任務とし、高い夜間飛行能力や地形追随装置、電子妨害機能などを備える。中国を念頭に置いた南西諸島や台湾有事で初動を担うのは沖縄の米海兵隊とされるが、CV22の加入により米空軍特殊部隊の迅速な投入も可能になる。

 幹部自衛官は「米軍の作戦オプションが広がり、敵に手を出すのをためらわせる抑止力が上がる」と説明する。



nice!(0) 

nice! 0