So-net無料ブログ作成

夏虫色 「半分、淡い。」 京阪の電車 朝ドラファン沸

 Uploaded by 朝日新聞社 夏虫色 「半分、淡い。」 京阪の電車 朝ドラファン沸 (2018/09/27)

夏虫色 「半分、淡い。」
京阪の電車 朝ドラファン沸

朝ドラ「半分、青い。」のセリフに出てきた「夏虫色」の電車。京阪のあの車両を指すのでは、と話題になりましたが、最近見かけません。
NHKの朝ドラ「半分、青い。」。7月2日の放送回では、漫画が描けずに苦しむ主人公の鈴愛(永野芽郁)が、幼なじみの律(佐藤健)から結婚報告の電話を受ける。そこで、冒頭のやりとり。夏虫は、律がかつて鈴愛にプロポーズした思い出の駅の名前でもある。「バイバイ、律」。鈴愛が別れをかみしめる瞬間だった。
 この「夏虫色」という電車に、ビビッと反応した人たちがいた。「京阪電車では?」
 放送時の律は大阪・都島に住み、松下電器(現パナソニック)を思わせる「菱松電機」に勤める設定。通勤ルートを考えると、やはり京阪電車だ。京阪の公式ツイッターも「これのことですかね?」と写真つきでつぶやき、盛り上がりをみせた。
 「半分、青い。」の脚本家北川悦吏子さんは、ツイッターで「夏虫色の電車(中略)本当にあったのですね」とつぶやき、自身はイメージの世界で書いたものの、現場はちゃんと検証してたのかも、としている。NHKの広報担当者は「ご想像におまかせしたい」。




nice!(0) 

nice! 0