So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の6件 | -

語り継ぐ戦争 戦艦大和の元軍医だった祖父江逸郎さん

 Uploaded by 朝日新聞社 語り継ぐ戦争 戦艦大和の元軍医だった祖父江逸郎さん (2018/07/18)

語り継ぐ戦争
戦艦大和の元軍医だった祖父江逸郎さん

1943年9月、名大医学部を半年繰り上げ卒業し、海軍に入った。中国・青島で特訓を受け軍医中尉になり、戦艦大和に配属された。世界最大の戦艦は巨大なビルのよう。しかも浸水被害が広がらないよう細かく壁で仕切られている。「艦内旅行」で見て回るのも大変だった。会議で来た他艦の士官が、(通路で)よく迷っていた。
 乗組員は3千人です。冷蔵庫やラムネ製造器もあった。大尉以上は個室だった。海軍は、広い海で敵を探し、実際戦闘するのは数日だけ。一発主砲を撃つため、何十人もが息を合わせて動く。普段は猛訓練と手入れだ。「迅速」「正確」が、やかましく言われたね。
 ただ、緊張しっぱなしでは体がもたない。酒保で酒や食べ物を手に入れ、士官室でよく雑談したものです。南方の基地では、全乗組員を甲板に集め、映画上映会もあった。戦争映画じゃなくて、ドラマでしたね。演芸を披露する兵隊もいた。
1944年のマリアナ沖海戦とレイテ沖海戦に参加したが、戦時治療所にいると、外の様子がまるで分からない。爆弾が当たっても気づかなかった。ただ、主砲を撃った時は、地震のように艦が震えたね。「敵空母轟沈」と戦果が伝わった時は、さすがに意気が上がりました。
 レイテでは、30分置きに敵機が襲ってきた。突っ込まれないよう、弾幕を張って防御するんだが、弾の破片まで落下してきて、兵に当たり、殺傷した。次々に負傷者が運び込まれてきて、戦闘中は止血が精いっぱい。普段なら手術室もあり、胃の摘出だってやるんだが、数が多すぎた。
 レイテでは、姉妹艦武蔵が沈んでいくのを見た。大和より対空設備が弱く、狙い撃ちされたらしいね。傾いた武蔵に対し、「帽振れ」。みんなで帽子を振った。この時、船が撃沈され、海に浮かぶ敵兵の近くも通った。それを銃撃する兵もいたが、すぐ止められた。
 その後、広島の江田島の海軍兵学校で教官をした。エリート教育の場なんだが、大戦末期で質が落ちていたのか、寝小便学生までいて驚いた。
 広島原爆の時は、校舎のガラスが割れた。数日後、偵察隊が組まれ、私も自転車で市内を走った。見知った街が一面、何も無くなっていた。焼け焦げた市電、遺体が山積みされた図書館……。もう戦争はだめだなと思った。
 海軍では、責任の重みをよく感じた。大和乗船前だが、青島から内地へ戻る時、夜の瀬戸内海でタンカーと衝突したことがある。船長がとっさに浅瀬に座礁し、沈没を免れた。冷たい海に投げ出されたら、700人の軍医候補生らの多くが死んだだろう。レイテでは、航海術の名人だった艦長の指示で、何度も魚雷をよけ、航行できた。戦後、医師や研究者として歩む時、海軍の経験は支えになったね。




nice!(0) 

西川和尚のらくらく精進料理 たたきオクラと長芋の酢のもの

 Uploaded by 朝日新聞社 西川和尚のらくらく精進料理 たたきオクラと長芋の酢のもの (2018/07/18)

西川和尚のらくらく精進料理
たたきオクラと長芋の酢のもの

オクラや長芋のような「ネバネバ野菜」には、胃の粘膜を守るムチンという成分が含まれる。今週も疲れた胃を休ませる一品を、西川和尚に教わった。オクラをすり鉢で潰すときはたたくように半潰しにする。長芋は細切りでもサイコロ切りでもお好みで。「シャキシャキの長芋とザクザクとしたオクラの食感が同時に楽しめます」




nice!(0) 

千葉・いすみでもう稲刈り わせ品種「五百川」

 Uploaded by 朝日新聞社 千葉・いすみでもう稲刈り わせ品種「五百川」 (2018/07/18)

千葉・いすみでもう稲刈り わせ品種「五百川」

千葉県いすみ市新田野の田んぼで7月17日、早くも稲刈りが始まった。コンバインで次々と刈られたのは、3月下旬に植えられたわせ品種の「五百川(ごひゃくがわ)」。天候に恵まれて順調に育ち、耕作している新田野ファームの藤平正一社長は「茎は太く、実の入りもいい」。コシヒカリから選抜された品種で味も良いという。約25ヘクタールに植えられ、7月いっぱいかけて刈り取られる。
 同社は市内で計約150ヘクタールの田んぼを耕作。13人が働き、仕事量を平準化する目的もあって、わせからおくてまで様々な品種を植えている。最もおくての「みつひかり」の田植えは今月7日に終わったばかり。これから稲刈り作業が続き、最後のみつひかりは11月いっぱいかかるという。




nice!(0) 

洞窟救出劇、残したい 巨大絵画・ダイバー像制作中 タイ・チェンライ

 Uploaded by 朝日新聞社 洞窟救出劇、残したい 巨大絵画・ダイバー像制作中 タイ・チェンライ (2018/07/18)

洞窟救出劇、残したい
巨大絵画・ダイバー像制作中 タイ・チェンライ

洞窟から少年ら13人が助け出されたタイ北部チェンライで、地元の芸術家らが、救出劇の情景を巨大な絵画に描いている。活動中に亡くなった男性ダイバーの銅像も制作中で、どちらも洞窟近くに建設される記念館に展示し、教訓を後世に伝えたいと考えている。




nice!(1) 

タイ洞窟から救出された少年らがそろって会見 1カ月ぶりの帰宅へ

 Uploaded by 朝日新聞社 タイ洞窟から救出された少年らがそろって会見 1カ月ぶりの帰宅へ (2018/07/18)

タイ洞窟から救出された少年らがそろって会見
1カ月ぶりの帰宅へ

タイ北部チェンライ郊外の洞窟から救出された少年ら13人が7月18日夜、チェンライで記者会見を開いた。6月23日に閉じ込められた後、7月10日までに全員が救助隊に助け出された。全員の体調が良好で、退院して約1カ月ぶりに帰宅する。




nice!(1) 

「SEALDs」メンバー、今どこに? 奥田さんが感じる「イライラ」

 Uploaded by 朝日新聞社 「SEALDs」メンバー、今どこに? 奥田さんが感じる「イライラ」 (2018/07/18)

「SEALDs」メンバー、今どこに?
奥田さんが感じる「イライラ」

国会前のデモで注目され2016年8月に解散した「SEALDs」(シールズ)のメンバーは今、何をしているのでしょうか? 創設メンバーだった奥田愛基さんは、自分より若い世代について「デモみたいな、分かりやすい形でやろうという子は少ない」と言います。また、若者の攻撃対象が上の世代や外国人に向かいかねない危惧も抱いているそうです。奥田さんが「SEALDs」のその後を語りました。
 7月6日、朝日カルチャーセンター新宿が開催した「若者たちの政治運動 日本・香港」というイベント。14日公開開始の映画「乱世備忘 僕らの雨傘運動」(香港、陳梓桓監督)の関連企画で、奥田さんは、この映画を監修した立教大学法学部の倉田徹教授(中国現代政治)とともに登壇しました。
 雨傘運動とは、香港の学生らが選挙制度の民主化を求めて中心部の幹線道路を占拠した行動のこと。奥田さんは、雨傘運動の中心的メンバーの1人で、「女神」とも称された周庭さんと対談したことがありました。




nice!(1) 
前の6件 | -