So-net無料ブログ作成
検索選択

解体間近、関東鉄道竜ケ崎線の客車庫にファン別れ 茨城

 Uploaded by SankeiNews 解体間近、関東鉄道竜ケ崎線の客車庫にファン別れ 茨城 (2017/8/6)

解体間近、関東鉄道竜ケ崎線の客車庫にファン別れ 茨城

老朽化に伴い、今月下旬に解体される関東鉄道竜ケ崎線の客車庫(茨城県龍ケ崎市)が6日、一般公開され、鉄道ファンら約65人が別れを惜しんだ。

 同線は明治33年に開業し、竜ケ崎-佐貫駅間の4.5キロを運行。客車庫は大正3年に完成し、気動車の日常点検や修繕で利用されている。

 一般公開は、鉄道愛好家の団体や市内の県立高などでつくる協議会が主催した。参加者は説明を聞きながら客車庫を見学し、気動車内で用意された市のご当地グルメ「龍ケ崎コロッケ」入りの駅弁を頬張った。横浜市のイラストレーター、阿部祥子さん(22)は「最後に車庫に入れてよかった。歴史があるので、残してほしい気持ちになった」と話した。

 竜ケ崎駅の野口正紀駅長は「この車庫はなくなるが、竜ケ崎線はまだまだ走るので利用して応援してほしい」と語った。




nice!(1) 

nice! 1