So-net無料ブログ作成
前の6件 | -

JR仙台駅で停車中の普通列車が火災

 Uploaded by 朝日新聞社 JR仙台駅で停車中の普通列車が火災 (2018/05/20)

JR仙台駅で停車中の普通列車が火災

5月20日午前、JR仙台駅(仙台市)に停車していた東北線仙台発利府行き普通列車(6両編成)上部の変圧器が破裂し、白煙が上がった。音を聞いた運転士が119番通報をしたが、消防が到着した時には火などは出ていなかったという。JR東日本によると、列車には約30人の乗客がいたが、車外に避難し、けがはなかった




nice!(0) 

護衛艦「かが」を一般公開 大阪・天保山

 Uploaded by 朝日新聞社 護衛艦「かが」を一般公開 大阪・天保山 (2018/05/20)

護衛艦「かが」を一般公開 大阪・天保山

海上自衛隊最大の護衛艦「かが」が大阪・天保山に寄港し、5月20日、大阪で初となる一般公開があった。約2万1千人が訪れ、艦内を見学して回った。




nice!(1) 

50年ぶりに小山~足利間をSLが運行

 Uploaded by 朝日新聞社 50年ぶりに小山~足利間をSLが運行 (2018/05/20)

50年ぶりに小山~足利間をSLが運行

JR小山駅で5月19日、蒸気機関車「D51」が牽引(けんいん)する特別列車「SL本物の出会い栃木号」が両毛線を運行する出発式があり、大勢の鉄道ファンが集まった。JR東日本大宮支社によると、両駅間でSLが走るのは1968年以来、50年ぶりという。




nice!(0) 

米長邦雄さんが通った唐招堤寺

 Uploaded by 朝日新聞社 米長邦雄さんが通った唐招堤寺 (2018/05/19)

米長邦雄さんが通った唐招堤寺

唐招提寺は、ゆかりの著名人が揮毫し、奉納した宝扇(ハート形のうちわ)のうち約130人分の扇面を毎年、屛風にしている。米長邦雄の揮毫も寺で生き続ける。将棋の名棋士と古都・奈良の名刹は、不思議なエピソードで結びついている。
 話は1992年にさかのぼる。米長は唐招提寺の鑑真和上坐像(国宝)の前に座った。米長が自著「運を育てる」で「最も尊敬する人物」と記した鑑真和上(688~763)は中国唐代の高僧。遣唐使船で唐を訪れた日本の留学僧から招請を受け、渡日を決意したが、渡航を5回試みて失敗。視力を失ったが、6回目で日本の地を踏んだ。12年がかりで目標を達成した「不屈の人」だ。
 そのころ米長は、多くのタイトルを奪取しながら、最も歴史があるビッグタイトル「名人」には手が届かないでいた。1976年の初挑戦から79年、80年、87年、89年、91年の計6度、名人に七番勝負を挑んだが、うち5回は中原誠=十六世名人=に、1回は谷川浩司=十七世名人資格保持者=に敗れた。
 鑑真和上坐像の前に座った後の夕食の席で米長は「和上像の前で突然、鳥の声が響いた。すごかったね」と漏らした。「何も聞こえなかった」と不思議がった同行者は「迦陵頻伽(かりょうびんが)の声かも」。迦陵頻伽とは「仏教で極楽にいるという想像上の鳥。妙(たえ)なる鳴き声を持つとされる」。米長は吉兆と受け止めた。
 翌93年春、米長は7度目の名人挑戦権を勝ち取った。相手は5度退けられた中原名人。5月21日、米長は4連勝で悲願の名人位に就く。49歳11カ月での名人奪取は史上最年長記録だ。
 米長は寺に「お礼をしたい」と申し出たが、長老は「お金は結構です。お豆腐でもいただけましたら」。米長はお気に入りの長野県の店から毎月1回、豆腐を贈った。修行僧や職員が昼食時の楽しみにしたという豆腐の贈り物は、十数年続いた。




nice!(0) 

池坊生ける「イケノボーイズ」、五輪へ始動 華道をPR

 Uploaded by 朝日新聞社 池坊生ける「イケノボーイズ」、五輪へ始動 華道をPR (2018/05/19)

池坊生ける「イケノボーイズ」、五輪へ始動 華道をPR

東京五輪の開幕まで、5月16日であと800日。花をいけるメンズ、略して「イケメン」の男子5人組が、公共スペースやお店を華道で彩ります――。そんなコンセプトで若手華道家たちが東京でのグループ活動を始める。名前は「IKENOBOYS(イケノボーイズ)」。生け花の魅力を若い世代に知ってもらおうと、華道流派の「華道家元池坊」(本部・京都市)が立ち上げたPR隊だ。




nice!(0) 

国指定名勝・本間氏別邸庭園でツツジが見ごろ 山形県酒田市

 Uploaded by 朝日新聞社 国指定名勝・本間氏別邸庭園でツツジが見ごろ 山形県酒田市 (2018/05/19)

国指定名勝・本間氏別邸庭園でツツジが見ごろ
山形県酒田市

山形県酒田市御成町7丁目の本間美術館にある国指定名勝・本間氏別邸庭園(鶴舞園)で白ツツジが見ごろを迎えている。園内にある藩主酒井公の元休憩所、清遠閣では庭に面した部屋に椅子が用意され、新緑の緑となすコントラストを心ゆくまで楽しめるようになっている。同館によると、白ツツジが楽しめるのはあと1週間ほどで、その後は約80株あるサツキが園内を赤く彩るという。




nice!(0) 
前の6件 | -