So-net無料ブログ作成
検索選択
前の6件 | -

鉄道博物館、ジオラマ全面刷新=文化ギャラリー、高級レストランも新設

 Uploaded by 時事通信社/JIJIPRESS 鉄道博物館、ジオラマ全面刷新=文化ギャラリー、高級レストランも新設 (2017/7/11)


鉄道博物館、ジオラマ全面刷新=
文化ギャラリー、高級レストランも新設


鉄道博物館(さいたま市)は11日、全面リニューアルした鉄道ジオラマを報道機関に公開した。大規模な鉄道ジオラマでは初めて仕切りガラスを撤去。手の届く場所で模型車両を駆け巡らせ、臨場感を大幅に高めた。担当者は「運転システムの再現から施設の造形まで、見えにくい細部もこだわってリアルにした」と話している。
 新しいジオラマは横23メートル、奥行き10メートルほどで先代より15%大きい。総延長約1200メートルの線路を、新幹線から保守車両まで20編成前後の模型車両が走る。
 見どころの一つが首都圏の高密度な輸送を再現した環状線だ。山手線などと同様、一定区間に2本の列車が入らない制御方法を導入。速度の上げ下げ、駅停車といった運転を全て自動プログラムで行い、並走や追い抜きも偶発的に生じさせている。
 盛岡駅や福島駅で行われる新幹線の切り離し・連結など実演プログラムを複数用意。昭和時代に活躍した貨車を入れ替えるヤードや、転車台を備えた蒸気機関車の基地など、団塊世代の郷愁をくすぐる施設も展示した。
 線路にバラスト(砕石)を敷き詰めたほか、タッチパネル式とボタン式の新旧両方の自動販売機をホームに置いたり、高架下に飲食店を並べたりし、細部まで現実空間に似せたという。
 博物館は開館10年に合わせたリニューアル中。ジオラマの全面刷新は目玉事業の一つで、14日から一般公開する。





nice!(0) 

2017年、夏の東京ディズニーリゾート=清涼感あふれるイベント披露

 Uploaded by 時事通信社/JIJIPRESS 2017年、夏の東京ディズニーリゾート=清涼感あふれるイベント披露 (2017/7/10)


2017年、夏の東京ディズニーリゾート=
清涼感あふれるイベント披露


東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは10日、炎天下の屋外を楽しむ、清涼感あふれる夏のイベントを報道関係者に公開した。東京ディズニーランドでは、観客に放水しながらパレードする「燦水(さんすい)!サマービート」を開催。東京ディズニーシーでは、ディズニー映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」をテーマにした散水型のショーが披露された。イベントはあすから始まり8月31日まで実施される。
 ディズニーランドは、日本の祭りをディズニー流にアレンジした「ディズニー夏祭り」を開く。園内は和をイメージした装飾が各所を彩り、祭りの雰囲気が盛り上がる。パレードの舞台はシンデレラ城前の広場「キャッスルフォアコート」の周辺。和装のミッキーマウス、ミニーマウスらを乗せた山車は、涼を待ちわびる人たちに向け大量に放水していった。





nice!(0) 

日本アルコン、遠近両用新コンタクト発表=優れた潤滑性の1日使い捨てタイプ

 Uploaded by 時事通信社/JIJIPRESS 日本アルコン、遠近両用新コンタクト発表=優れた潤滑性の1日使い捨てタイプ (2017/7/6)


日本アルコン、遠近両用新コンタクト発表=
優れた潤滑性の1日使い捨てタイプ


アイケア製品大手の日本アルコンは5日、40代以降の人に向けた1日使い捨てコンタクトレンズ「デイリーズ トータル ワン 遠近両用」の発表会を東京都内で開催した。優れた潤滑性と手元から遠距離まで、クリアで自然な視界を提供するレンズデザインが特長。トークイベントも開かれ、先週46歳の誕生日を迎えた女優の藤原紀香さんが登場し、老視(老眼)の適切な矯正の重要性を訴えた。
 アルコンによると、人の瞬きは1日に約1万4000回にも及ぶため、レンズ表面の潤滑性が装用感の重要な決め手になるという。新製品は、「水分三層」のレンズ構造を持ち、表面の高い含水率により、うるおい感となめらかさを実現。同社における従来の使い捨てレンズと比べ、酸素の透過量は6倍に達し、装用感をより裸眼に近づけた。
 老視の矯正機能は、アルコン独自の技術により、全距離で「自然に見える」レンズを開発。同心円上に「手元」「中間」「遠方」とそれぞれ瞳が利用するゾーンを設け、異なる度数のレンズを配置し、視野の全てをカバーする仕様とした。





nice!(0) 

首相、九州の豪雨現場視察 「一日も早い復興を」東峰村長

 Uploaded by KYODO NEWS 【共同通信社】首相、九州の豪雨現場視察 「一日も早い復興を」東峰村長 (2017/07/12)


首相、九州の豪雨現場視察
「一日も早い復興を」東峰村長

安倍晋三首相は12日、九州北部の豪雨の被害を確認するため、自衛隊機で九州入りした。豪雨後、首相による被災地の視察は初めて。同日午後には福岡県入りし、東峰村を視察した。渋谷博昭村長は「一日も早い復興への支援をお願いした」と話した。首相はその後、早期に被災地を激甚災害指定する考えを示した。





nice!(0) 

赤ちゃんパンダ1キロ超え 10日で倍増、生後1カ月

 Uploaded by KYODO NEWS 【共同通信社】赤ちゃんパンダ1キロ超え 10日で倍増、生後1カ月 (2017/07/12)


赤ちゃんパンダ1キロ超え 10日で倍増、生後1カ月

上野動物園(東京都台東区)でジャイアントパンダの雌の赤ちゃんが生まれてから12日で1カ月。同日実施した5回目の身体検査では、体重1147・8グラム、体長29・5センチ。前回2日から体重はほぼ倍増、体長は6センチ以上伸びた。順調な成長ぶりだという。





nice!(0) 

くまモンが茅の輪くぐり 京都・祇園祭

 Uploaded by SankeiNews くまモンが茅の輪くぐり 京都・祇園祭 (2017/07/13)

くまモンが茅の輪くぐり 京都・祇園祭

祇園祭の前祭の山鉾のひとつ、山伏山の保存会による「茅の輪くぐり」が13日に京都市内で始まり、熊本県のPRキャラクター「くまモン」が訪れた。茅の輪は、東日本大震災の復興支援として平成26年から宮城県の稲わらを使用。今年からは熊本地震の復興支援として熊本県の稲わらも使っている。こうしたお礼の意味も込め、くまモンが山伏山の町会所を訪問。茅の輪(直径約2・5㍍)をくぐって健康と厄除けを祈願した後、ご神体を参拝した。
 山伏山は22年から毎年町会所に茅の輪を設置しており、祇園祭の宵山期間中(14~16日)には多くの人でにぎわう。






nice!(0) 
前の6件 | -